町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

車中泊を考える

 東京駅前にある 「八重洲ブックセンター」 に行った。
 そこの地下には “アウトドア書籍コーナー” があって、キャンプ、ハイキング、山登りなどに関する雑誌、書籍、ムックがまとめて置かれている。

 そこに行けば必ずあるはずの 『ランドネ』 のバックナンバーを探しに行ったのだけど、いやぁ、アウトドアコーナーに足を止めてみて、ちょっと驚いた。

 いま、アウトドアの一番の目玉は “車中泊” なのだ!

 下りのエレベーターを下りたすぐ横、つまりアウトドア書籍コーナーの入口を堂々と飾るのは、八重洲出版さんの 『クルマ旅fan』 … 「車中泊で旅に出よう」 というムック。
 そして、日経MJに載った車中泊記事の紹介をはさみ、その隣りを飾っていたのが、わが 『キャンピングカースーパーガイド2010』 だった。

CSガイド2010表紙

 その2冊を筆頭に、そのコーナーには 「車中泊のコツ」 やら 「車中泊スポット」 などを紹介するあらゆる書籍がごっちゃと積まれていた。

 それにしても、メインに堂々と飾られたのがうちの本だということもあって、
 「こりゃうれしいね」
 と、棚をしげしげと見回し見ると、棚の一角に店員さんの手書きのキャッチが添えられているのを発見した。
 そこには、
 「キャンピングカーじゃなくても、普通のクルマで楽しめる車中泊…」
 みたいな文言が書かれているではないか。

 「おい、おい」

 そりゃそうだが……。
 うれしさも半分になった。

 だって、そう書かれちゃうと、 「キャンピングカーまで必要ないのね」 と思う人だって出てくるわけじゃない?

 でも、まぁ、うちのムックをいちばん目立つところに掲げてくださった八重洲ブックセンターさんには御礼申し上げます。


 それにしても、 「車中泊」 に対するメディアの関心は日増しに高まっているようだ。
 (社) 日本RV協会 (JRVA) さんに聞くと、マスコミから一番多くかかってくる電話は 「車中泊」 に対する問い合わせだという。

 キャンピングカーは、確かに 「車内で寝られる」 ように設計されたクルマ。だから、単純に 「車中泊の理想形」 のように思われるのだろう。
 「車中泊を効率よく成功させるコツのようなものがあるんですか?」
 なんていう質問がよく寄せられるらしい。

 しかし、RV協会さん側は、そのような車中泊ブームを手放しで喜んでいるというわけでもなさそうだ。
 最大の懸念は 「マナー問題」 だという。

 増え続ける車中泊愛好者の中には、道の駅のような公共の駐車場で泊まるときのマナーを心がけない人も出てきたとか。

 週末などの混んでいる道の駅などで、堂々と椅子やテーブルまで広げてしまう人。
 エアコンなどを回すために、夜中までエンジンをかけっぱなしの人。
 家庭からの持ち出しゴミをどんどん投棄してしまう人。
 食べたカップ麺の残り汁を路上にぶちまけてしまう人。
 トイレの洗面所で、鍋や皿まで洗ってしまう人。
 トイレまで行かず、木の陰で用を済ませてしまう人。

 ごく一部だろうけれど、車中泊愛好者といわれる人の中には、そういう傍若無人の振る舞いをする人も混じっているという。
 そうなると、それを見かねて、 「車中泊禁止」 を打ち出す道の駅やSA・PAが出てこないとは限らないし、現に、すでにそれが実施された場所も出てきたという話も聞いた。

 もともと道の駅や高速道路のSA・PAの駐車場は 「宿泊施設」 ではない。
 あくまでも、ドライバーが 「休息する場所」 である。
 まぁ休息の中には “仮眠” も含まれるから、 「朝まで “仮眠” する」 ことだってありうる。
 そういうゆったりした解釈のもとで、道の駅などにおける車中泊が黙認されてきたという経緯がある。

 だから、マナーの悪いお客が増え続ければ、道の駅や高速道路の管理者はちゅうちょすることなく 「宿泊禁止命令」 を出すこともできるわけだ。

 そういうこともあって、RV協会さんとしては、キャンピングカーが宿泊する場所としては、キャンプ場か湯YOUパークのような 「車中泊が正規に認めている場所」 を推奨し、やむなく道の駅などで泊まるときは 「マナー遵守を心がけるように」 と、マナーリーフレットやステッカーなどを配布して啓蒙しているという。

高速道路のPAにおける車中泊
▲ 高速道路のPAにおける車中泊

 「車中泊」 ブームとどう向き合うか。
 キャンピングカー事業者たちによって構成される(社)日本RV協会のなかでも、そういう議論が起こっているらしい。

 それはそうだろう。
 現在、ミニバンやワンボックスで車中泊している人は、将来のキャンピングカーユーザーに最も近い場所にいるように見えるからだ。
 しかし、一方で、現在の車中泊愛好家は、あくまでも普通乗用車で寝泊まりすることを楽しんでいる人々であって、機能としてのキャンピングカーを求めている人たちとは違うという意見もあるとか。

 判断は難しいところだ。
 車中泊している人たちには、いろんな考え方の人がいるだろうし、車中泊の目的も千差万別。だから、このブームの性格を一言でくくることは難しい。

 しかし、まぎれもなく、新しいことが今起こっている。

 「自動車旅行」 は、モータリーゼーションの黎明期からひとつの旅のスタイルを確立してきたが、それはホテル、旅館、モーテル、あるいはキャンプ場などといった宿泊場所と必ずセットになったものだった。
 クルマそのものが宿泊施設になるという発想が乗用車オーナーの隅々にまで浸透したのは、今回がはじめてといってもいい。 

 ひょっとしたら、日本のモータリゼーション文化は、これから第2ラウンドを迎えるのかもしれない。


旅&キャンプ | 投稿者 町田編集長 01:55 | コメント(4)| トラックバック(0)

レプリカントの命

 半年ぐらい前だったろうか。
 通勤で使っている駅前で、屋台のラーメンを食べていたときのことだった。

屋台のラーメン屋さん
 
 「酔いざましに、ラーメンを食って解散しよう」
 …という感じの初老のサラリーマンが3人。酒臭い息を漂わせながら、肩を寄せ合うようにカウンターに陣取り、ラーメンがどんぶりに注ぎ込まれるのを持っていた。

 そのうちの1人が、駅を囲んだビルのネオンの見上げながら、ふと言った。
 「まるで 『ブレードランナー』 の世界だな」

 それは、胃の中にほとんど収まったラーメンの味を反芻しつつ、どんぶりの底に沈んだ残りの汁を飲み干そうとした私の無防備な心を不意打ちした。

 思わず私も、初老のサラリーマンの視線を追って、林立するビルの夜景を見上げた。

 何の変哲もない、普通のネオンに彩られた駅前のビル群。
 しかしその情景を、1982年…もう30年近く前に封切られたSF映画 『ブレードランナー』 と重ね合わせる人がいたとは。

 確かに、その映画の中で、主人公のデッカード (ハリソン・フォード) は、高層ビルの建ち並ぶわい雑な路地で、屋台のヌードルを食べるのだ。

 そのサラリーマンの一言に対する同僚の反応はまったくなく、話題は自然にゴルフかなんかの話に移っていたけれど、もし、そのラーメン屋台が酒を出す店で、私に一滴でもアルコールが入っていたら、私はきっとビルのネオンを見上げたサラリーマンに声をかけて、映画のことを話し始めただろう。

 映画の中でデッカードは、怪しげな東洋人が経営するラーメン屋の屋台に座り、ヌードルに入れる生玉子を、四つ注文する。
 店のおやじは、
 「ふたつで十分ですよ、四つは多すぎですよ」
 と日本語で答える。

 アメリカで劇場公開されたとき、日本語をしゃべるオヤジのセリフには英語の字幕が入ったのだろうか。
 それとも、それはストーリー展開には意味のない、ただのエキゾチックな効果音として処理されたのだろうか。

 いずれにせよ、映画の中で 「近未来」 と設定された21世紀のロサンゼルスは、安っぽいオリエンタリズムと、無機的なテクノロジーが何の根拠もなく同居する無秩序で猥雑な都市デザインを与えられていた。

映画ブレードランナーわかもとのCM
 ▲ 『ブレードランナー』 に描かれた未来都市には、日本髪を結った東洋人の女性が宣伝する胃腸薬 「わかもと」 のCMがひんぱんに登場する

 あの映画に描かれた都市は、確かに、初老のサラリーマンがラーメン屋の屋台から見え上げた光景にどことなく似ていなくもなかった。せいいっぱい感情移入した場合の話だけど…。


 数年のスパンで観たくなる映画というものがあり、 『ブレードランナー』 は私にとってその一つである。
 いまわが家には 「プロデューサーズ・カット版 (劇場公開版) 」 と 「ディレクターズ・カット版 (監督による再編集版) 」 の2種類のDVDがあり、交互にそれを観たりしているが、観るたびに “感じ方” が変わったり、新しい発見があったりして、けっこう飽きない。
 SF映画としてはすでに 「古典」 なのだろうが、その後につくられた 『マトリックス』 やら何やらと比べても、やはり断然新しい。

 この夏、BSで 『スターウォーズ』 全6作を再放映するという企画があったので、放映時間に家に帰れたときは、観られるものはすべて観たけれど、はっきりいうと、退屈だった。
 1970年代から80年代にかけて、同じSF映画として一世を風靡した 『スターウォーズ (シリーズ) 』 と 『ブレードランナー』 だが、 『スターウォーズ』 には画面に見えるもの以上のものは何ひとつ現れない。
 それに比べ、 『ブレードランナー』 は、絶えず画面では見えない世界が奥に潜んでいることを伝えてくる。

 では、 「画面に見えない世界」 は、監督がわざと隠しているのか?

 そうではなく、画面に見えない世界は、観客の脳内に存在するということを訴えてくる。

 こういう言い方もできようか。

 『ブレードランナー』 には、監督や制作者たちの計算を離れたノイズ(雑音)がたくさん混入しており、それがある意味での豊かさをもたらしているのだが、あくまでもノイズに過ぎないため、制作者たちも、そのノイズが生む “豊かさ” を指摘する言葉を持てない。
 しかし、そのノイズは、観客の脳内にバクテリアのように侵入し、不協和音とハーモニーの繰り返しによる発酵を重ね、いつしか独立した妄想世界を醸成する。


 この夏、面白い本を発見した。
 加藤幹郎 著 『ブレードランナー』 論序説 (筑摩書房)

加藤幹郎ブレードランナー論序説

 新宿の紀伊国屋書店で、平積みになったうえに、さらに同一平面の壁を占領するように何冊も飾られていたから、てっきり新刊なのだろうと思って、買った。

 買って、奥付を見たら2004年9月が初刷り (2007年4月3刷り) 。
 すでに、6年前に書かれた本であったのだ。
 それなのに、派手に新刊扱いのように売っていたため、ついつい手にとってしまったわけだ。
 たぶん、私のような “ブレランオタク” の中高年というのがいっぱいいて、それに関する書籍を定期的にこのように扱うと、その購入率が高まるのかもしれない。

ブレードランナー未来都市の鳥瞰
▲ 『ブレードランナー』 に描かれた未来都市。ビルの高層階にはお金持ちのための心地よい環境が整備され、下層では、酸性雨が降り注ぐ路地裏を貧しい人々が享楽を求めて行き交っている。
 この丸いビルには、SF映画の古典 『メトロポリス』 (1925年) へのオマージュ (敬意の念) が込められているという


 20世紀を代表するSFカルトムービーといわれる 『ブレードランナー』 には、あまたの解説書や批評書が存在すると聞く。
 しかし、その手のものを読むのはこれがはじめてだった。

 「映画 『ブレードランナー』 についてはすでに多くのことが語られている。にもかかわらず、やはりなにごとも語られてはいない」
 という本著の冒頭の一句に、まず惹かれた。

 著者の加藤氏はいう。 (引用ではなく、強引な意訳だけど…)
 「この映画には、 “謎解き” の要素がたくさん散りばめられながらも、明確な回答が与えられていないため、そこがファンの心を吸引する “甘い蜜” となる。
 たとえば、インターネットにアップされるファンサイトの記事には、登場人物意味のない動作をひとつひとつ取り上げ、 “そこに込められた謎” を語りたがる無数の人たちの声がひしめいている。
 しかし、その大半は、問う必要もない問に対しての回答だ。 『ブレードランナー』 は、そのような些末な問に一つ一つ解釈を施して満足できるような映画とは根本的に異なる」

 …と、ここまで書いてきて、ふと、この映画を知らない人たちに、どんな映画なのか説明する必要があるように思えた。
 だから、ちょっと簡単な説明を加える。

 物語の背景となる世界は、こんな感じ (↓) だ。

 この映画に設定された “21世紀の地球” では、環境汚染が世界的な規模で進み、お金持ちたちの間では “汚れきった地球” から脱出して、快適な惑星リゾートで暮らすことがステータスになり始めていた。
 しかし、地球外惑星に人間が暮らせるような環境を造ることはそう簡単なことではない。
 なにしろ、太陽の猛火に焼かれる金星や、生物の棲めない乾燥しきった火星に、地球と同じ生活空間を造ろうというわけだから。

 そのため、環境整備の基礎工事を行う労働力として、人間と同じ土木作業能力を持った人造人間 (レプリカント) が製造されるようになった。

 地球外惑星の苛酷な生活環境に耐えるため、レプリカントには、炎暑や極寒の中で生き抜ける壮健な身体を与えられたが、人間の生活圏を混乱させないように、製造されてから4年後に作動停止する (つまり自動的に死ぬ) ようにプログラミングされた。

 レプリカントたちの寿命を4年に限定することは、人間との摩擦を避けるという意味以上に、レプリカントの買い替えサイクルを早めるという意味もあり、それを製造する会社 (タイレル社) の利潤を高めることにつながっていた。

ブレードランナータイレル社の室内
 ▲ タイレル社の社長室。夕陽の残光の中に、古代神殿のような円柱がシルエットとして浮かぶサマは荘厳な美しさに彩られる

 当初、レプリカントには、自分たちの苛酷な労働条件に疑問や不満を抱かないように、喜怒哀楽のような 「感情」 が与えられなかった。命令された仕事を黙々とこなす文字どおりの 「機械」 で、作業中に破損すれば解体されて投棄された。

 しかし、苛酷な労働の反復がレプリカントの神経回路に、新しい回路を開くようになったのか、あるいは製造上の不手際なのかよく分からないのだけれど、個体としての 「意志」 と 「感情」 を持つレプリカントが現れるようになった。

 そのようなレプリカントたちは、しばしば宇宙船の密航を企てて地球に戻り、人間との間にいざこざを起こし始めた。
 そのような無法化 (?) したレプリカントたちを捕獲して解体 (殺戮) する作業員が 「ブレードランナー」 と呼ばれる警察の特殊部隊であり、主人公のデッカードがその一人というわけだ。

ブレードランナープリスとロイ
▲ 地球に潜入したレプリカントのプリス(手前)とロイ

 そして、今回もそのようなレプリカントの4体が、密かに開発中の惑星基地を脱出。人間に混じって宇宙船に潜み、地球に戻ってくるというところで、この話は始まる。
 4人の目的は、延命。
 すなわち、4年に限定された “命” を、せめて普通の人間並みに伸ばせないかという願いが、彼らの地球潜入の目的となっている。

 彼らは、自分たちを製造したタイレル社の社長に直談判して、延命への処置を施してもらうつもりでいるのだが、 「法を犯したレプリカント」 は即座に解体 (殺戮) される運命にあることを知っているため、彼らの行動は、最初から “犯罪” の匂いを帯びる。

 というのが、この映画の大まかな骨子だ。

 こう書くと、人間とロボットの戦いを描く 『ターミネーター』 のようなアクション映画を連想する人が多いと思うが、この映画に漂う空気には、どちらかというと暗く、静かで、物憂く、内省的だ。

 著者の加藤氏は、この映画全体が1940年~50年代にかけて制作された 「フィルム・ノワール」 の系統を引き継ぐ映画だと指摘する。
 フィルム・ノワールという言葉は、一般的には 「暗くてクールなギャング映画」 というニュアンスで受け取られているが、そういった個性は映像的な特徴から生まれたものらしい。

 すなわち、夜の都市に垂れ込む霧、噴き上げる蒸気、点滅するネオンサイン、乗り物のヘッドライト、タバコの紫煙がよどむ暗い部屋……

 心に傷を持つ登場人物たちが、そういった環境を背景に、逆行の中に浮かび上がるところにフィルム・ノワールの映像的特徴があったが、 『ブレードランナー』 は、それが1980年代に復活したものだという。

フィルムノワール「マルタの鷹」
 ▲ フィルム・ノワールの代表作といわれる 『マルタの鷹』 (1941年) 。ハンフリー・ボガードの出世作

 つまり、フィルム・ノワールに出てくる人物たちは、追う者 (探偵、刑事) も追われる者 (犯罪人) も、いずれも逆光の暗がりから抜け出せないような  「スネに傷を持つ者」 であり、どちらが勝利しても 「敗残者の自覚」 を抱えた者同士なのだから、観客にカタルシスを与える明快なハッピーエンドは訪れない。

 確かに、そういった雰囲気は、この 『ブレードランナー』 にもある。

 最初に劇場公開版としてリリースされた 「プロデューサーズ・カット版」 においては、一応ハッピーエンドらしき結末が用意されている。
 だが、そのハッピーエンドは、故意に通俗的なメロドラマの体裁を採ったとしか思えないような、なんと投げやりで、虚無的なハッピーエンドであったことか。

 しかし著者は、このハッピーエンドが用意されたことで、観客が意識することもなく、そして監督ですらも意図しなかったこの映画の 「本当のテーマ」 と 「主人公」 が確定されたという。

 その論考に対して詳しくフォローする余裕はないが、考え方の筋道として面白いな…と思えた部分をいくつか列記する。

 まず、この映画の冒頭には、絶えず “地獄の炎” のような猛火を噴出する未来都市の情景が登場する。
 そして次に、その情景を見つめている 「眼球」 のアップが一瞬だけ浮かび上がる。
 多くの観客は、当然スクリーン上に現れた巨大な 「眼球」 に違和感を抱きながらも、結局、次の画面展開に心を奪われ、 「眼球」 のことは忘れてしまう。

 だが、著者はこの 「眼球」 は誰のものなのか? と食い下がる。

 著者が考える “眼の持ち主” は、最後になるまで明かされない。
 それは監督のリドリー・スコットがメディアのインタビューで答えた “眼の持ち主” とも違っている。

 しかし、この論考の終わり頃に、著者がこの眼の持ち主を特定することで、真のテーマが何であるかということが、それこそ宇宙規模で迫り出してくるという壮大なスケール感を読者は味わうことができる。

 そして、それと同時に、この物語の本当の主人公は誰なのかという、最大の疑問も明らかにされる。それは、まさに監督のリドリー・スコットでさえ意図しなかったものだ。

 以上のことに関して興味のある方には原典をあたってもらうことにして、さしあたり、著者が発見したこの映画のテーマを意訳してしまうと、次のようなものになるだろう。

 「近代の人間観を支える背景となっているものは “私は私である” と信じる自己同一性の神話であるが、それが実は、近代社会の排他的・差別的な文化を生み出してきた元凶となった。
 そのことを、この映画では、 “自我” を持たない存在として差別されるレプリカントと、彼らを差別する人間の境界を曖昧にしていくことで語ろうとしている」
 …ということを、著者は言いたいらしい。

 人間の感情を持たない (はずの) “機械” として製造されたレプリカントが、4年に設定された生存期間の短さを知って苦しむことで、どんどん人間以上の感情を獲得していき、いつしか生命の長さに鈍感な人間を乗り越えていくという物語。 『ブレードランナー』 という映画はそうとも読めると、著者は語る。

ブレードランナーデッカード
 ▲ レプリカントの “解体” を職業としていたデッカード (ハリソン・フォード) は、皮肉にも、タイレル社のつくった新型レプリカントであるレイチェル (写真 ▼) と恋に陥る。
 映画の中のレイチェルはどう見ても 「人間」 なので、 画像的には 「機械と人間の恋」 というスキャンダラスなインパクトには乏しい


ブレードランナーレイチェル

 面白いと思ったのは、著者がリドリー・スコットが編集し直した 「ディレクターズ・カット版」 と 「プロデューサーズ・カット版 (劇場公開版) 」 を見比べ、後者の方を高く評価したことだ。

 両者の最大の違いは、デッカードのヴォイスオーヴァ (モノローグ) が入るか入らないかというところにある。
 監督のリドリー・スコットは、当初映像だけでデッカードの内面を語らせようとしたらしい。
 しかし、これには制作者たちの内部でも批判が上がった。
 「彼が何を考えて行動しているのか、さっぱり分からん」 というのである。

 そこで、プロデューサーの判断で、デッカードの心の動きを観客に知らせるために、ハードボイルド小説っぽいモノローグが挿入されることになった (という話を昔どこかで読んだ) 。
 コアな “ブレランオタク” は、これを 「通俗的だ!」 と非難し、モノローグの入らないディレクターズ・カット版の方を支持したが、 『ブレードランナー』 論序説の著者の加藤氏は、逆にモノローグ入りの方を 「物語としてはウエルメイドだ」 と高く評価している。

 当初、私もモノローグの入らないバージョンの方を支持していたが、それは、すでにこの映画を何回も見て、状況が把握できていたからだろう。

 またエンディングにも、両者には大きな違いがある。
 プロデューサーズ・カット版の方は、メロドラマっぽい通俗的なハッピーエンドが用意されているが、ディレクターズ・カット版は、ハッピーエンドの予兆を漂わせながら、それを観客の判断に任せるようなヒネリの効いた終わり方に変わっている。
 だから、口うるさいマニアは、ディレクターズ・カット版の方を 「芸術性が高い」 と評価する傾向があるようだ。

 一般的に、プロデューサーズ・カット版 (つまり劇場公開版) というのは興行収益を目的とした商業主義的なバージョン。
 それに対し、ディレクターズ・カット版は、芸術性を維持しようとする監督の良心……というような分け方をされがちである。

 しかし、著者はこの映画に限っては、興行的な成功を意識したプロデューサーズ・カット版の方が、テーマを読み説くには効果的な仕上がりになっているという。
 逆に、名監督といえども、必ずしもその作品を完璧に支配下においているわけではない…とも。

 作品というのは、いったん作者の手を離れてしまえば、すでに作者も寄せつけない自立した “生き物” になる、というようなことなのだろうか。

 『ブレードランナー』 という映画は、そのような、監督の制御すら受け付けない怪物に変身した奇跡の映画ということらしい。
 だとしたら、まったく同感である。


音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 16:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

またやっちゃった

 「宿痾」 という言葉があるけれど、 「しゅくあ」 って読むんだけど、 “治らない病気” という意味らしい。
 簡単にいうと “持病” 。

 で、またこれをやっちゃった。

 「蜂窩織炎 (ホウカシキエン) 」 という、これまた難しい名前の病気なんけど。
 この春先に患ったばかりで、治ったと思ったら、また…だ。

 もうこれで3度目。
 今回がいちばん重い。
 要は、傷痕が化膿して、むくんでしまうという病気ね。

 2年前に、転んで左足を擦りむいたときが最初で、そのときは5日ほど入院した。
 これに罹ると、歩くだけで痛いし、発熱するから体がダルい。
 一度患うと、ケガしなくても、雑菌が入っただけで再発してしまうらしい。 

足の病イラスト

 キャンピングカーで久しぶりにキャンプをしてきて、野外でちょっと蚊に刺されただけなんだ。
 春先に、そのホウカシキエンを患っていた左足のふくらはぎの部分。
 そこを、チクっと蚊に刺されて。
 ……で、痒いところを、ちょっと掻きむしってしまい、ちょっとだけグジュって血が滲んけど、痒みもおさまって、まぁ普通だったら、それで終わりだよな。 

 ところが、そこからまた雑菌が入ったんだね。
 家に帰ってから、急に熱が出てきて、股関節部分のリンパ腺が腫れてきた感じで、…ヤバイかな…と思っていたら、あれよあれよと思う間に39.9度まで熱が出てしまって、あわてた。

 翌日はなんとか会社に出たものの、身体がだるくて、足も痛い。
 そのときはもうホウカシキエンの再発を疑っていたから、以前入院したことのある会社の近くの病院に行ったんだ。

 したら、
 「こりゃ普通のホウカシキエンと違う。皮膚科の専門医に診てもらった方がいい」
 …ってんで、別の病院の皮膚科に行ったら、
 「肌の色がおかしい。ホウカシキエンは紫色に腫れあがってくるはずだが、これは赤身を帯びている。内臓から来る病気を疑った方がいい」
 なんて言われて、途方にくれてさ。

 仕方なく地元の病院まで戻って、救急外来で受診することにしたんだ。

 で、そこの病院のお医者さんが見たところ、やっぱり、まぎれもないホウカシキエンでさ。
 皮膚の色が赤く腫れあがったのは、素人療法で、患部に肩こり用のシップを貼ってしまったことから来たものだと判明。
 シップを貼ると、いっとき患部が冷やされるような気分になるけれど、それはメンソールの刺激によるもので、シップには熱を冷ます効果はないのだという。むしろ、かえって通気性を阻害し、むくみを増すだけだとか。

 「最低1週間の絶対安静が必要です。完治するには最低でも2~3週間はかかります」
 と、きれいな女医さんがそう宣告する。

 ちょっとした傷がもとで、この病気が再発する理由は二つ考えられるという。
 ひとつは、古傷部分の組織再生が十分でなく、血液の中を循環する雑菌がそこで関所のように “通行止め” に遭ってしまうという説。
 もう一つは、完治したと思えても、実は雑菌が生き残っており、新しい菌が入ることによって古い菌も活性化して、再び活動を開始するという説。
 二番目の説は、まだ仮説で、十分に検証されていないとか。
 
 本来なら入院して、朝晩点滴を受ける必要があるのだけれど、通院も可。その代わり家では寝ているか、身体を起こしていても、足を水平に保っていることが条件。足を下げていると、身体中の水分が足にたまり、むくみが取れない…という。

 やっかいな病気に罹ったものだ。

 翌日から、家まで送迎タクシーを呼んで、通院が始まった。

 …で、大病院の診察ってのは、はじめてでさ。
 いやぁ、何から何まで、SF映画に出てくる未来都市の病院みたいなんだ。

 まず採血する検査室ってのが、ものすごく広くて、人がいっぱいいて、しかもカルテの番号順に、電光掲示板…って言葉も古いけれど、他に言葉が見当たらないので使うけれど…その番号が、銀行の窓口みたいにピカピカ光るわけ。

 会計窓口もそう。
 1日に、2千人から3千人ほどの患者が支払いするのだけれど、それも受け付け窓口に診察カードを見せると、ものの5分も経たないうちに、電光掲示場から自分の番号がピカピカ光って 「何番の人まで支払い可能」 と教えてくれるんだよね。
 あとは、ずらりと並んだ自動支払機にお金を投入するだけ。
 立派な領収書がペロリと自動的に発行されるしさ。

 大病院に通院している人からは、
 「そんなことで驚くなよ」
 と言われそうだけど、ちまちました個人病院しか経験していなかったので、何から何まで別世界の気分だった。

 ……で、2週間ほど会社を休んで、 「朝は病院、昼から自宅で静養」 という生活を続けた。
 診察を受けることになったのは皮膚科だけど、日替わりで先生が代わるんだ。
 同じ先生と遭遇したのは、2週間通って一度だけ。
 女医さんが多くてさ。
 それもそろって美人なの。
 やっぱり大病院ってすごい! と思った。
 ……治療には関係ないけれど。

 会社勤めを始めてから、病気で2週間も休んだことなどなかった。
 病院で点滴を受けてから、昼過ぎに家に戻る。
 当然のことだが、カミさんがいる。
 彼女も再生不良性貧血だから、あまり外を出歩けない。

 病人とけが人。
 ともに身体を酷使できない2人なので、ジトっと、同じ方向を向いたままテレビなんか見ているしかない。

 定年退職して家にこもる旦那の予行演習をしている気分になった。
 「ああ、こういうものか…」
 と、昼間から家にいる旦那の心境が分かるようになった。

 うちなんか、まだ会話があるからいいけれど、これで会話の下手な夫婦の場合、けっこうシンドイだろうな…という気分になった。

 旦那が仕事を持っている状態ならいいけれど、仕事を失った旦那というのは、女房からすれば、 「メシだけ要求する居候 (いそうろう) 」 なんだよね。
 カミさんと朝から晩まで一緒にいると、 「何もしない旦那」 というのはカミさんから見れば目障りな存在だ…とは、よく言われるけれど、わが家でもその兆候が微かに。
 それが、チラっとした視線、ちょこっとしゃべる一言で伝わってくることがある。

 だから、こっちも必死。
 立っていると足が痛いけど、食事が終わったら皿洗いをするし、朝のゴミ出しはするし、犬のうんちの後片づけをするし、時には肩や足をもんでやる。

 そうやってコマコマと動こうとする気配、…あるいは雰囲気が伝わるだけで、カミさんの心もほぐれるようだ。
 そして、
 「足が痛いのに申し訳ないねぇ」
 という言葉ももらえるようになる。

 病人とけが人。
 今のわが家は、大人ふたりでようやく1人前。

 今日やっと久しぶりの出社。
 包帯をきつく巻いただけで、皮膚が破れたりするので、あいかわらずやっかい。
 塗り薬と頓服で痛みは引いたけれど、足のむくみはまだ取れない。

 楽しみにしていた、大好きな夏が来たというのに…




ヨタ話 | 投稿者 町田編集長 12:55 | コメント(9)| トラックバック(0)
<<  2010年 8月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]