町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

坂本龍馬の実像

 司馬遼太郎は、 「小説家」 である。

 しかし、NHKドラマの 『坂の上の雲』 あたりが話題になっているせいか、ここのところメディアの扱う司馬氏は、文明批評的な視点を持つ 「思想家」 のような扱いを受けている。

 確かに、文明批評家としての司馬氏の洞察力は、並みの歴史学者や社会学者などでは太刀打ちできないほど鋭い。
 つまり、問題点を抉 (えぐ) り出すジャーナリスティックな切り口に長けているといえよう。
 彼の歴史上の人物などに対する省察は、その独特な語り口も相まって、読む者に圧倒的な説得力を突きつけてくる。

 だが、その “説得力” は、あくまでも小説家としての才能から生まれてきたものだ。

 “司馬マジック” に遭うと、われわれは、彼の描く歴史上の人物をこっそり隣りの部屋から覗き込んでいるような錯覚に陥ることがある。
 あるいは、司馬氏がタイムマシンにでも乗り、あたかも歴史上人物たちとサシで本音トークでも交わしてきたかのようなリアリティを感じることがある。

 しかし、そのような “リアリティ” は、あくまでも 「小説家」 の筆によってひねり出されたリアリティである。
 そこのところを理解しないと、逆に司馬遼太郎の “凄さ” というものを見逃してしまうかもしれない。

 司馬氏は、しばしば (← シャレじゃないんだけど…) 、今までネガティブな歴史評価を受けてきた人物や、スポットライトが当たることのない地味な人物を採り上げ、その人物が内側に秘めていた “とてつもない雄大さ” を取り出して、世の歴史的常識をくつがえしてきた。

 そして、誰もがそこに描かれた人物像に対し、司馬氏の鋭い洞察力によって掘り起こされた 「本当の姿」 を見た気になった。

 しかし、そのほとんどは “つくりもの” である。

 司馬氏は、戦国から幕末、ときには天平や平安末期に至るまで、日本史をにぎわせた大半のヒーローを描いているように思われるが、実は、彼は 「小説的な脚色」 が入り込む余地のある人間しか描いていない。
 いわば、作家から見て 「おいしい」 人たちだけを描いているのだ。

 来年からNHK大河ドラマとして始まる 『龍馬伝』 の坂本龍馬など、まさにその典型かもしれない。

坂本龍馬像001

 坂本龍馬は、明治維新が実現される前に亡くなった人間であるため、維新を生き残った “元勲” たちのように、近代的な歴史認識に基づいた資料から外されてしまっている。

 彼に関して残された伝承および資料は、基本的に江戸期の思想的文脈の中で語られたものであり、そこには、明治政府が導入しようとした 「近代」 のバイアスがかかっていない。

 だからこそ、司馬氏にとって、坂本龍馬は 「おいしい人」 だったのだ。

 つまり、坂本龍馬が、江戸期の思想的文脈で考えていたことを、近代文明の文脈に置き換えてみたらどうなるのか?

 そこに着目したことが、小説家としての司馬氏のセンスの良さを物語っている。

 司馬氏は、こう考えたことだろう。
 もし、その試みがうまくいけば、たどたどしい土佐方言で語られる龍馬の政治思想は、西洋近代の言葉を駆使した陳腐な政治理念よりも、読者に強力なインパクトを与えるはずだ。
 そして、それは、日本人に新鮮な感動を与え、生きる勇気を与えるはずだ。

 龍馬が、「わしゃ、この日本を大いに洗濯しよう思っちょる」
 とか言えば、読者は、青空の下に白い洗濯物がバァーッっと広がったかのような、爽快な気分に浸れる。
 生硬な政治理念を展開するより、こういう表現の方が、はるかに人の心をとろかす。

 また、実際の龍馬は、アクターというよりプロデューサー的なものを志向した人であったということも、司馬氏にとっては都合がよかったろう。

 それまでの日本史上のヒーローは、ことごとく表舞台で派手な振り付けを披露する役者ばかりだった。
 しかし、役者の演じる舞台を本当の意味で運営しているのは、興行資金を工面するプロデューサーである。

 経済感覚を重視した 「浪速」 出身の作家であった司馬氏は、そういう経営センスを要求されるプロデューサーの仕事というものをよく理解している人だった。
 そしてまた、彼は、そのようなプロデューサーとしての龍馬を描いた評伝が生まれていなかったことにも着目しただろう。

 このようにして、土佐の田舎を出て、薄汚れた羽織を着たまま江戸の町をさまよっていた坂本龍馬は、ある日突然、司馬遼太郎という稀代のスカウトマンに声をかけられたわけだ。

 「きみきみ! 私の力で、日本一のヒーローになってみる気はないかね?」


 司馬氏が 『竜馬がいく』 を発表するまでは、坂本龍馬は、維新前夜に活躍した革命派浪士のうちの、ちょっとだけ名を知られた人物の一人でしかなかった。

 それが、 『竜馬がいく』 の社会的反響が大きくなるにつれ、いつのまにか、明治政府ですら持ち得なかったような雄大な構想力を持つ傑物として評価されていく。
 そして現在では、各調査機関が行う 「好きな歴史上人物ベスト10」 などというアンケート調査では、必ずベスト5内に入るような有名人になった。

 しかし、司馬さんは、そのように加熱していく “龍馬ブーム” を眺めながら、…もちろん小説家としての自尊心は満足させられただろうが…、内心 「やれやれ」 と苦笑いしていたような気もする。
 「少し薬が効きすぎたか…」 とすら思っただろう。

 私は、司馬さんが、 『竜馬がいく』 の連載中に、龍馬の対極を生きる土方歳三の物語を書かねばならなかった心境がよく分かる。

 常に明るく、将来をポジティブに見すえ、ユーモアを解し、人に優しい坂本龍馬。
 そういう龍馬のキャラクターは、戦後復興の道を歩んできた日本人が目指す人物像の集大成だった。

 だが、そういう “前向きの人間” ばかり描いて喜んでいられる人は、小説家ではない。
 司馬氏は、あらゆる面で龍馬とは正反対の生き方を貫いた新選組の土方歳三 ( 『燃えよ剣』 ) を描くことで、小説家としてのバランスを取ったのだと思う。

 実在した坂本龍馬が、司馬さんが小説のなかで語ったほど、時代の先を読んだ偉人なのかどうか、実のところ、よく分からない。
 司馬氏は、 「明治維新の理念は、坂本龍馬の構想から生まれた」 というような書き方をしているが、もし龍馬がいなくても、龍馬の代わりを誰かが務めていたことは間違いない。

 そういった意味で、司馬氏の描く龍馬像は “過大評価” といえなくもないのだが、それでもなお、龍馬が暗殺されずに、明治政府の要職に就いていたらどうなっていたか? と空想する余地は残されている。

 もしかしたら龍馬は、その後の明治政府が打ち出したような帝国主義的な国家運営とは異なる指針を示し、そのことによってまったく別種の日本国家が生まれていた可能性だってあるのだ。

 そのような想像力の飛躍を楽しめるものを、 「小説」 という。

 だから、いま巷に流布している坂本龍馬の人物評は、あくまでも 「小説」 の域を出ない。

 …出ないがゆえに、面白い。

 司馬遼太郎は、歴史を、 「物語」 として語った作家である。

 「物語」 とは、ものごとに 「ひょっとしたら……?」 という視点をつけ加えることをいう。
 言葉を変えれば、 「ほら話」 を加えるということにほかならない。

 司馬作品の面白さは、結局この 「ほら話」 を語る話芸の巧みさに尽きる。
 なかでも 『竜馬がゆく』 は、最大の 「ほら話」 かもしれない。

 われわれは、そういう司馬氏の 「ほら話」 の芸を尊重し、ただひたすら、あの気宇壮大かつ奔放な語り口に酔えばいいのだ。

 関連記事 「テロリスト歳三」
 関連記事 「龍馬伝おもしろ!」


音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 03:38 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<  2009年 12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]