町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

貧しい言葉

 その人の持っている 「言葉」 が貧しいのか、豊かなのか。
 それは、その人が、 「政治」 を語るときに端的に表れてくるような気がする。

 「政治」 が取り扱う世界は、人々が生活を営む日常的な暮らしに始まり、メディアが報じるような世界情勢に及び、人の生き死をどう考えるかという哲学の領域にまで広がっていく。

 だから、 「政治を語る」 ということは、極端な話、 「世界を語る」 ことでもあるのだ。
 …というか、少なくとも、 「世界を、どう見ようとしているか」 を語ることになる。

 衆議院選挙が終わり、各メディアでその分析やら総括が盛んに行われるようになった。
 週刊誌などは、選挙結果が終わった直後が締め切りだったと見え、有名人の連載エッセイなどは、それに関する雑感を綴ったもので溢れている。

 その中には、 “世界経済” とかいうコムズカシイ問題などには一切触れず、自分の身辺の変化を書いただけでも、無類に楽しいものもあるし、いっぱしの政治通を気取っても、どうしようもなく貧しいものもある。

 ある週刊誌に掲載された連載エッセイで、私はそのような貧しさを感じさせる記事に出合った。

 その書き手の名を、仮に 「K氏」 ということにしておこう。
 著名な文芸賞も取ったことのある大御所である。
 
 K氏はエッセイの中で、この前の衆議院選挙の開票速報を見て、次のような感想をもらす。

8-30開票速報

 「 (選挙の開票結果が報道される) 8時近くになると、NHK、民放各局いっせいに選挙放送を始めるが、いまどき東国原知事や竹中平蔵を出す民放はなにを考えているのだろうか。なにも考えていないのだろう。
 心の中では自公べったりのテレビ・コメンテーターを含めて、このたぐいの人間は追放すべし。
 たとえば、竹中とずっと対立し、批判してきた金子勝氏のようなリベラリストが重要なのだが、民放はどこも時代の変化に気づいていないのだ」

 ……と、K氏は自分の連載エッセイの中で語る。

 “気分” としては、私も同感なのである。
 ただ、表現として、物書きがこんなレベルの文章で “こと足れり” と思い込んでいていいのだろうか? …と、どうも納得のいかないものを感じる。

 これじゃ、常連客と飲みかわすときの 「酒場の議論」 にも及ばないのではないか?
 不特定多数の人に向かっていいたいのなら、せいぜい原稿料をもらわないブログで書くべきようなことではないのか?

 そんな疑問が次から次へと湧いてくる。 

 まず 「東国原と竹中平蔵を (テレビから?) 追放すべし」 という根拠はどこにあるのか。
 彼らを非難するのなら、 (その非難の正しさは私も認めるが) 、非難する根拠を読者に提示するのが義務ではなかろうか。

 彼らの主張を事細かに引用し、それについて論評を加えろとはいわない。
 原稿の枚数が限られた連載エッセイでは、そのような余裕がないことも分かる。

 だけど、1行でも2行でも、彼らを 「追放すべし」 という根拠が分かるようななにがしかの情報を文中に入れるのが、物書きの責務ではなかろうか。
 「説明」 までしなくてもいいから、 “匂わす” ぐらいのワザを持つべきだろう。

 次に、金子勝氏のことを、簡単に 「リベラリスト」 と言い切ってしまうイージーさにも、ため息が漏れてしまう。
 「リベラル」 などという言葉が、今の政治状況で、はたして有効な批評言語になりるのだろうか。

 K氏は、この記事の前段においても、こう書く。
 「 (新聞やTVのような大マスコミは真実を報道しないが) 、ラジオはリベラルなコメンテーターが割と自由にしゃべる (ので、僕はラジオをよく聞いている) 」

 私は、この 「リベラル」 という言葉に、ものすごく引っかかった。

 金子氏やラジオのことを 「リベラル」 というのなら、まず 「リベラルとは何か?」 という説明をするべきであり、少なくとも読者に 「リベラル」 が何を意味するのかという、考えるためのヒントを添えるのが親切というものであろう。

 そもそも、 「リベラル」 とは何か?

 それは語源的には 「自由主義」 と訳されるものだが、日本では、本来のアメリカ的な意味で、この言葉が使われるケースはあまりなく、使う人の思惑で、相当のブレをはらんだ言葉になってしまっている。
 この言葉が、あいまいながらも日本で一定程度の意味を担っていたのは、日本の左派勢力が健在であった冷戦時代までのことでしかない。

 その時代、社会主義国家群と対峙するアメリカと同盟関係を結び、東アジアでアメリカの防波堤となろうとしていた日本の対米追従型の政治路線に対し、 「もっと日本国民の平和や生活の安全を守ろう」 と働きかけたのがリベラリズムの流れであり、そのときには明確な意味と、方向性を保っていた。
 その時代の 「リベラリズム」 は、日本では 「左翼思想」 という形で機能していた。

 しかし、 「左翼の本山」 と見なされていたソ連が崩壊し、社会主義国家を自認する北朝鮮がただの独裁国家であることが露呈し、中国共産党が開放経済に邁進するような時代になると、 「リベラリズム」 も 「左翼思想」 と結びつけたままでは語れなくなってくる。

 百歩譲って、 「リベラリズム」 が、本来の意味である国家権力の強権から個人の自由を守る思想だと定義し直したとしても、その 「個人の自由」 を 「規制の撤廃」 と結びつけて、今の弱肉強食型の格差社会を生み出したのは、 (K氏が文中で非難する) 自民党の方ではなかったのか。

 事実、 「小泉-竹中」 路線の方針を、多くの論者は 「ネオ・リベラリズム」 という言葉でくくったのだ。 (もちろんそれは、従来のリベラリズムとは何の関連もないものだ) 。

 このように、今 「リベラル」 という言葉を使うことは、その定義をめぐってすら混乱を招くような状態に陥っている。

 そういう言葉の用法に対する目配りすらなく、今なお冷戦構造の時代に通用した 「リベラル」 をそのまま使うK氏は、その用語の使い方だけで、頭の中が 「55年体制」 のまま固まってしまっているとしか言いようがない。

 言葉を無造作に扱う人は、 「世界」 そのものも無造作に見ている、と私は思っている。

 K氏はその記事の後段、こう書く。
 「 (民主党政権の誕生に関し) …どうせ、えせコメンテーター、評論家どもが、民主党を罵倒するだろう。
 敗戦直後に、 <自由とは何をやってもいいということではない> と叱りつつ、民主主義の仮面をかぶった戦時中の言論人のように」

 「えせコメンテーター」
 「…ども」

 なんで、こう罵倒する言葉が貧しいのか。
 ユーモアのかけらもない。

 「政治」 を語るときの言葉を見る限りにおいて、私は、この人が豊かな 「世界像」 を抱いているとは思えないのだ。
 もし、この人が豊かな 「世界」 を見ているとしたら、 「えせ…」 とか 「…ども」 とかいう言葉の響きの貧しさに、何よりも敏感になっているはずなのだ。

 私たちは、世の不正を憤ったり、あるいは鈍感な人々に警告を発したりするために、激情に駆られて過激な罵倒を世間に浴びせる、たくさんのネット言論を見ている。
 それは、まだ自分の文章を世に出すためのスキルを持たない人々の言論なのだから、やむを得ないと思えることもある。

 しかし、K氏のように、すでにたくさんの著作を抱え、名のある週刊誌に連載ページを確保し、社会的にも十分な認知を集めている人が、ネットレベルなら通用するかもしれない 「貧しい罵倒」 に終始してしまうことに、どうしても合点がいかない。

 K氏はさらに、この日の開票速報を楽しみにしながら、 「その前の時間つぶし」 だといって、NHKの大河ドラマ 『天地人』 を観たと書く。

 「松方弘樹の家康が、とにかく時代劇らしい芝居をしているほかは、なにをやっているのか。NHKも <改革> が必要である」

 この記事に関しても、当日、同じようにこのドラマを観て、
 「最初の頃に比べると、けっこうシナリオが充実してきたではないか」
 と面白がって観ていた私の気持ちを逆撫でした。

 ドラマの評価をおのおのがどう下すかはまったくの自由だが、K氏の書き方は、まったくの上から目線。
 しかも、自分の単なる趣味嗜好が、エッセイに載せたことで 「公共性を持つ」 と勘違いしている。
 自分の言うことが 「大衆を動かす」 という思い込みが、 「NHKも <改革> が必要だ」 という素っ気ないひと言に表れている。


 結局、K氏のエッセイが物語るのは、 「批評の不在」 である。
 「批判 (ひはん) 」 はあるが、 「批評 (ひひょう) 」 がない。

 「批判」 は、批判する主体…つまり批判したい欲望に駆られる自分への盲目的信頼から逃れることはできない。
 つまり、 「あれはダメだ」 と罵倒する自分の方が、常に批判する対象より上位に置かれる (上から目線) という構造は固定されたままである。

 それに対して 「批評」 とは、その 「批判する自己」 すらも、場合によっては批判対象として眺めることのできる “場” を保有することを意味する。

 それは、ちょうど 「アイロニー」 と 「ユーモア」 の違いとも対応している。
 「アイロニー」 は、批判する対象を “あざ笑う” が、あざ笑う自分は絶対に傷つかない場所に置いておく。
 それに対して、 「ユーモア」 は、自分自身をも 「笑いの対象」 として、他者の前に放り出すところから生まれる。

 こういうことだ。
 本当に笑いを誘う文章が書けるライターは、 「自虐ネタ」 も怖れないということだ。

 K氏のエッセイに欠けているのは、この 「ユーモア」 であり、そして 「批評精神」 である。


コラム&エッセイ | 投稿者 町田編集長 01:00 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ホビダス[趣味の総合サイト]