町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

薬物依存の背景

 今年の夏は、芸能界のドラッグ汚染の話題ですっかり占領されてしまったような感じだが、メディアの報道によると、覚醒剤、大麻、コカインなどの汚染は一般人へも相当拡がっているという。

 ダイエットに効くとか、ハイテンションで遊べるなどと、誘惑の間口がものすごく広くなっていて、誰もがファッション感覚で手を出せるような環境になっているという話もある。

 なんで、こんなに違法ドラッグが簡単に使えるような環境が世の中に蔓延してしまったのか。
 それは、法律とか、教育とか、倫理とか、道徳の問題ではないような気がする。

 極端なことをいうと、人間の求める 「快楽の質」 が、20世紀から21世紀に移行する間ぐらいに大転換を遂げてしまったことと関連するような気がするのだ。

 「快楽の質」 なんて言葉を使うと、まぁ、なんでしょうかね、普通の人がいちばん手身近に感じるのはエッチのことかもしれないから、そのエッチの話から始めてもいいかもしれない。 (実際に、覚醒剤を使用する一番の目的は、性的感度を高めるためだという話もあることだし) 。

 以下の話は、 大塚英志さんの 『物語消滅論』 (角川oneテーマ21)、『リアルのゆくえ』 (講談社・講談社現代新書) 、『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』 (角川oneテーマ21) などを読んだ感想をベースに思いついたものだ。

 で、「快楽の質」 の変化という話なんだけど、要するに、人間が、魅力的な異性を見てムラムラとなるのは、「動物的な本能」 とか 「生理的な欲求」 などという言葉で処理されがちだけど、アレは本来 「頭脳活動」 なわけである。

 性技のテクニックとかは、ひとまず別の話として置いておいて話を進めると、個体としてのムラムラ度を高めることは、かつては “妄想” の質を高めることでしか得られなかった。
 「性欲」 というのは、動物的本能だと思われがちだが、実は高度にシステム化された 「文化」 だから、その国、その時代、その民族によって、ムラムラ度の高まり方は千差万別の妄想によってつむぎ出されるようになっている。

 夫がいるにもかかわらず、野卑な庭番の男に犯されて燃えてしまった貴婦人 ( 『チャタレー夫人の恋人』 ) とか、愛する女弟子が去っていった後、彼女が座っていた蒲団に恋焦がれるように顔をうずめて、ヨヨと泣き崩れる師匠 (田山花袋 『蒲団』 ) とか、民族、文化、時代ごとに、人類はムラムラを生じさせるモデルケースというものをいっぱい蓄えてきたわけだ。
 
 つまり、ムラムラするような高揚感を手に入れるためには、文学、映画、口伝といった形で先人たちが残してくれたムラムラのモデルケースを手に入れる必要があり、そのようなデータを多く持っている人こそ、より感度の高いムラムラを確保できるようになっていて、それが、様々なエッチの形をこの世に生み出し、同時に、様々な恋愛を可能にしてきた。

 ところが、20世紀の後半から21世紀にかけて、そのような面倒な手続きなど経なくても、 「人間の快楽」 は簡単に手に入るという考え方とテクノロジーが台頭してくる。

 特に1980年代頃から、脳科学とか、精神医学とか、免疫学とか、動物行動学などの研究が一気に高まってきて、
 「人間は、精密なプログラムによって動かされている精巧な機械である」
 という認識が広まってきたのだ。

 これは、人間存在の 「秘密」 を、科学的合理主義で解き明かそうとする考え方を大いに前進させることにはなったけれど、同時に、人間の 「幸せ」 も安易な方法で入手できるという思い込みももたらせてしまった。

 つまり 「人間も機械なのだから、油をさせばいい」
 すなわち 「幸せを得るためには、幸せを感じる中枢神経を刺激すればいい」
 という考え方も、そこから生まれるようになったのである。

 エッチの話に戻れば、 「性的快感を高めるためには、快感を感じる薬物を摂取するのが手っ取り早い」 ということになったわけだ。

 実は、実際はその通りなのである。
 快楽の発生は、きわめてケミカルな脳内変化にすぎない。
 その脳内変化を起こす補助剤として、今まではエロ文学とか、エロ漫画、エロ映画…まぁ、今ならアダルトDVDとかになるのだろうけれど、…そういうもろもろのワイセツ (?) 文化が機能していたのだ。

 しかし、21世紀の科学的知見は、ドラッグなどを使って脳内に化学変化を起こすことで、その代用が務まることを暴露してしまった。
 つまり、人間のエッチの現場においては、面倒な文化的手法を取らずとも、ドラッグがなにがしかの力を発揮することを認めてしまったのだ。 

 しかし、それによって計り知れないものが失われることは、昨今のメディアでさんざん言い尽くされていると思うが、そこであまり言われないことを一言つけ足すと、 「愛」 も 「恋」 も同時に失われてしまうということなのだ。

 人間にムラムラ感を催させるために創造されていた各文化というのは、中にはどうしようもなく低俗だと言われそうなものもあるけれど、それらの中には、エッチ気分の高揚の果てに、人に 「愛」 とか 「恋」 とかを考えさせる人類の文化的遺産も含まれている。
 ドラッグで得られる快楽は、それを根こそぎ奪ってしまう。


 このような光景は、実はエッチの現場で拡がっているだけではない。
 本当に言いたいのは、次のようなことだ。

 その前に、ひとつ簡単な疑問を提示しよう。

 私たちが、いい映画を見たり、あるいは面白い本を読んだりして、
 「感動した!」
 とかいう場合、その感動は、いったいどのようにして生まれてきたのだろうか?

 20世紀までは、これはけっこう奥行きの深い、大問題だった。
 それこそ、人類が 「神話」 を信じてきた時代から培ってきた文化があって、その文化を守る民族の心の琴線に触れたときに 「感動」 が生まれるとか、まぁ、七面倒くさい理屈がいっぱい並び立ったものだった。

 しかし、最近は 「感動」 も、また簡単につくり出される時代になった。
 これもドラッグと同じで、人の脳内に 「感動」 を呼び起こす方程式のようなものが研究され、実用化されるようになってきたのだ。

 たとえば、最近のCGを多用したハリウッド系アクション映画。
 そこには、 「光」 、 「動き」 、 「サウンド」 などをトータルコーディネートすることによって、脳内に電極を埋め込んだかのように一定の刺激が喚起されるような巧妙な組合せの計算式が、すでにできあがっている。
 
 それまでは、 「感動」 というのは、芸術的な香りの強い、人間の高貴な精神活動の発露と思われてきたが、実は、単なる脳の生理的な反応でしかなかったということを、最近のビジュアル文化は実証してしまった。

 私個人は、この種類の 「感動」 にはまったく感動しないけれど、 「感動」 は刺激的な光や音をシャワーのように浴びることによって得られると思う人たちは、年齢に関係なくどんどん増えている。ビジュアル文化の “ドラッグ化” が始まったといってもいい。

 このようなドラッグ化したエンターティメント文化にとっては、ややこしいストーリーとか、複雑な人物設定は邪魔になってくる。
 登場人物は、 「勇者」 と 「賢者」 と 「魔法使い」 と、あとは敵役としての 「大魔王」 だけで十分。
 ストーリーは、次々と降りかかる困難をものともせず、勇者が、賢者や魔法使いの助けを借りて、最後に悪の大魔王を滅ぼすという話で十分。
 つまりは、どのようなドラマも、最終的にはドラクエ、スターウォーズ、桃太郎風のファンタジーに近づいていく。
 
 ストーリーは、冒険ものの基本パターンを外れることなく、できるだけ分かりやすく。
 その代わり、映像には人間の脳内変化を最大値に高めるぐらいの刺激性をたっぷり盛り込む。

 これが、最近のハリウッド製アクション映画の基本パターンだし、事実この構造を忠実に守った映画の方が、興行的なヒットを記録する。

 同様のことがゲームにも言えて、最近のゲーム機に映し出されるビジュアルは、もうアニメとも実写とも分からないほど精緻で、リアルで、刺激的だ。
 しかし、そこで展開するストーリーは、みな単一的な冒険談に集約されていく。

 気づくと、私たちの回りは、みなどこかで見たような風景にヒタヒタと侵食され始めている。
 世界的なベストセラー漫画として人気を獲得し、ドラマ化されてアジア圏の少女たちをほとんど虜にした 『花より男子』 は、基本的にはハーレークィーンロマンスであり、その原型はシンデレラだ。

 ゲームの 「ドラクエ」 も 「ファイナルファンタジー」 も、 「ロード・オブ・ザ・リング」 や 「ナルニア国物語」 のデジャブのように思える。

スターウォーズポスター01

 アメリカのブッシュ政権下で行なわれたイラク戦争は、同盟国の募り方とそのミッションの与え方が、まさに 「英雄」 「賢者」 「魔法使い」 という感じで、さながらドラクエかスターウォーズのように展開した。

 今や映画、ドラマ、文学、ゲームのみならず、政治や戦争までも、誰もが簡単に了解できる 「物語」 の形を取るようになった。

 どうして、そのようなことになってきたのか。

 誰もが 「考えること」 を放棄し始めてきたからだと思う。
 どういうことかというと、金融工学やらを理解しないと謎解きできないような複雑な経済社会が登場し、誰もが世界を一目で理解するパースペクティブを喪失して、 「考えること」 に疲れてしまったのだ。

 そこに忍び寄ってきたのが、 「感動」 も 「快楽」 も、ケミカルな処理さえ施せば、脳内に簡単に発生させられるという認識だった。

 本来ならば、 「感動」 や 「快楽」 は、自分を取り巻く文化や環境と格闘することによって得られるものである。
 いってしまえば、 「感動」 とか 「快楽」 は、知的奮闘の対価として神から授かるようなものだったのだ。

 ところが、21世紀のテクノロジーの進化は、人間が自分の脳の力を絞りに絞って獲得してきた 「感動」 と 「快楽」 を、人間の脳内に物質的な反応を起こさせることによって簡単に実現するようにしてしまった。

 そして、その 「感動」 や 「快楽」 を効率よく体内に吸収するときに、 「善と悪は見る人間の立場によって変わる」 的な “複雑な文化” は邪魔になることも分かってきた。
 そこで復活してきたのが、善と悪が最初から分かりやすく対立する単純明快なファンタジー系ストーリーである。

 昔話風の勧善懲悪の物語が、このような高度に複雑化された現代社会によみがえるというのは、考えてみれば奇異なことだが、そこには 「感動」 や 「快楽」 がケミカルな手法によって実現されるという、現代科学の最先端の成果が反映されていたのだ。

 世界は、今、おそろしく刺激的な映像を持ちながら、おそろしくシンプルな構造しか持たない文化に、猛烈なスピードで集約されそうになっている。
 それを、 「文化のグローバルスタンダード化」 という言葉に置き換えてもいい。

 私自身は、 「感動」 というのは知的営為の産物であるという古い信念の持ち主なので、ケミカルな手段による脳内物質の化学変化から生じる 「感動」 には何の価値も感じない。
 しかし、そのことを伝えるのが、だんだん難しい時代になってきたようにも思う。


コラム&エッセイ | 投稿者 町田編集長 00:17 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<  2009年 8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ホビダス[趣味の総合サイト]