町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

ニューバレンシア

 最近、考えていることは、日本のキャンピングカーが国際商品になれるのかどうかということ。

 もちろんベース車の問題、各国のレギュレーションの問題、サイズ的な問題、為替の問題などいろいろ複雑な要素が加わるので、現状の国産車がそのまま輸出できるような環境は何一つ整っていない。

 しかし、コンセプトメイクあるいはデザインセンスなどで、日本製キャンピングカーは世界にも類例のない緻密さと独自性を獲得しつつあるように思う。

 その最たる例が、マックレーさんが開発しているデイブレイクシリーズ。
 限られた車両サイズのなかで、ひとつの家具を様々に使い分けることによって、スペース効率を限りなく追求していこうというその執念と完成度。
 
 こういうコンセプトに、「日本文化」 のスタイルが反映されていると、いつも思っていた。

 もちろん、それは狭い土地空間に住まざるを得ない我々の風土的な制約から生まれてきたものに過ぎない。
 広大な土地空間が約束されているアメリカなどでキャンピングカー開発を行う場合、マックレーさんが追求する巧緻な空間造形を行う苦労など、車体を大きくするだけで、あっけなくパスできる。

 「車内の広さは、すべての難問をいっぺんに解決する」
 キャンピングカー開発では、それが動かざるテーゼとして確立されている。

 しかし、原油の高騰、金融不安による生活設計の見直し、自然に負荷をかけないライフスタイルへの転換など、いま世界は、クルマにおいても 「小さな空間」 を効率よく使うという方向に傾きつつある。  

 そうなると、マックレーさん型の 「可変的な家具を採用することによって限られた車内空間の使い勝手を広げる」 という手法は、世界的に見ても 「クール (カッコいい) 」 に見えてくるのではなかろうか。

 ……という話をマクラに据えて、このアトラスベースのバレンシアの紹介に移る。

アトラス・バレンシア外装3

 バレンシアというキャブコンは、フレキシブルスペース家具に代表されるように、エントランス右側に添えられた家具が、収納棚にも、シートにも、フリースペースにも変わるという、マックレーらしい可変的な家具を採用した巧緻なキャンピングカーである。

valencia5

 その機構だけでもユニークだが、今回のアトラス・バレンシアでは、いかにも日本人のきめ細やかな神経を象徴するような照明システムが採り入れられた。

 調理したり、資料を調べたり、着替えをしたりするときに必要な明るい照明と、ダイネットでお酒などを飲みながらくつろぐ時の照明。
 それがスイッチひとつで切り替えられるようになっているのだ。

 生活空間として、車内全体をしっかり使うときは全照明が点灯する。
 そして、落ち着いたムードを楽しむときは、LEDのダウンライトを中心にした目に優しい照明だけが浮かび上がる。
 それがワンタッチ操作で実現するので、各照明のスイッチをひとつずつ付けたり消したりする必要がない。

valencia_

 こういう細かな気配りが浸透しているところにマックレーブランドの真骨頂がある。

 今回の新型バレンシアは、また、そのような照明システムが生きるような見事な内装デザインを手に入れた。

valencia_1

 基本的な家具色はホワイト。
 キャブコンにおいては、長らく色目の濃い木目家具が主流だったが、そこからの思い切った転換が試みられている。

 しかし、白一辺倒にすると、あざとい贅沢感も滲み出てしまう。
 白は、基本的にゴージャスな色だからだ。

 そこでこのバレンシアにおいては、微妙な配色のアレンジが行われている。
 まずシート地がツートン。
 座面は濃いめのパープル。背もたれは爽やかなマスタード (からし色) 。

valencia_6

 そして、ダイネットテーブルの天板は寄せ木を使って軽快に仕上げ、ホワイト家具との調和を図っている。
 カーテンもタペストリー感覚で、ざっくりした素材感を追求。
 色と素材の組み合わせが絶妙にバランスされた、新しいインテリアがここに誕生している。

 もちろん同車には、従来どおりのクラシカルな木目家具バージョンも用意されており、
 「そっちはシニア向き」
 と渡辺社長は語る。
 ホワイト家具は、明らかに一世代ほど下の若いファミリー層を意識したものだとか。

 しかし私は、この斬新な新色インテリアは、意外と審美的なセンスを重んじる中高年にも受けると読んだ。

valencia_4

 とにかく、マックレーさんはまたひとつ新しい感覚を手に入れた。

 イベント会場に持ち込まれた展示車両をショーアップするためのディスプレイも、洗練された雰囲気が横溢していた。

 何気なく置かれたコーヒーカップ。
 リヤダイネットを飾る森伊蔵などの焼酎瓶。
 それらが和風のライトスタンドの光りを浴びて、なんともいえぬ爽やかな贅沢感を醸し出す。

valencia_2

 「こんな感覚でくつろげるのか…」
 車内を見た人は、一瞬のうちにこのクルマがもたらす “ゆとり感” をかぎ取ったことだろう。
 いいインテリアが実現している。

 日本のキャンピングカーは、日増しにそのブランド力を上げている。

campingcar | 投稿者 町田編集長 14:23 | コメント(0) | トラックバック(0)

リコルソ

 先週開かれた 「関西キャンピングカーショー2008」 のアネックスさんのブースで、多くの人から注目されていたのが、この新型バンコン 「リコルソ」 です。

リコルソ

 リコルソ。
 イタリア語で 「リゾート」 を意味する言葉だとか。
 英米風のネーミングに慣れてしまった私たちには、このラテンの風に吹かれているような言葉の響きが、まず新鮮です。

 新鮮なのは、ブランド名だけではありません。
 コンセプトの練り込み自体がなかなか新鮮です。

 ベース車は、ちょっと贅沢なハイエースワゴンGL。
 想定した客層は、ほのかにゆとりのある 「50代くらいのご夫婦」 …ということで、2人仕様に特化したアイデアがたくさん散りばめられています。

 …というより、従来のバンコンの形式をあっさり “裏切る” 摩訶不思議なレイアウトが展開しています。

リコルソ室内a

 まず、フロント席とキャビンとの間を、L字型のギャレーカウンターが塞いでいます。
 「ウォークスルーできないじゃない?」
 とご心配の方。
 これにはちゃんと狙いがあるのです。

 同じように、後部にもしっかりしたカウンターが設置されています。
 「これじゃリヤゲートを開けても、荷物が積めないじゃん?」
 とご心配の方。
 これにも、しっかりとした狙いがあるのです。

リコルソ2

 さぁ、その状態でキャビン内に入ってみましょう。
 「あれ、こりゃ “部屋” だな!」
 誰もがそう感じることでしょう。
 
 つまり前と後ろがしっかりしたカウンターで囲まれたために、見事な 「ワンルーム」 が完成しています。
 この “落ち着き感” は、従来のバンコンにはなかったもの。

 今までのバンコンが、いかにくつろぎ感を追求しても、しょせんは 「車内」 にいる気分を払拭しきれなかったことに対し、このリコルソは、それとは異なるくつろぎ感を実現しています。
 つまり、「車内」 にいるのではなく、自宅の 「リビング」 にでもいるような感覚ですね。

 もちろん、前後のカウンターはオーダーによってレスすることもできますが、そうなると、このリコルソの個性は半減されます。
 カウンターレスをお望みの方は、同社のファミリーワゴンのような、それこそ大人数で使えるクルマを選択された方がいいのかもしれません。

 さて、まだまだ、リコルソ独特のアイデアは続きます。
 ニの字シートをベッドメイクしても、単一平面が連なるクィーンベッドにならない!
 つまり、テーブルポールの間分だけ隙間ができます。
 広々した 「ツインベッド」 が二つ並ぶという感覚なんですね。
 これも、ちょっと従来の常識を逸脱しています。

リコルソ5

 でも、この隙間が大事。
 ご夫婦で寝ているときに、片方が起きても、この隙間に足を差し込んで立ち上がれば相手方を起こすことがありません。
 真ん中のテーブルを生かしたままベッドメイクしているので、テーブルの上に食器などを残した状態でも寝ることができます。

リコルソ3

 もちろん、ソファからベッドに展開するときの操作は簡単。ソファの座面をスライドさせて、背もたれマットを窓側の隙間に収めるだけ。

 ショー会場で、アネックスの田中社長に取材しているときに、たまたま車内で見学されていたお客さんが、ベッドメイクに関する質問をされました。
 その雰囲気をちょっとここでリプレイ。

【お客さん】 …で、ベッドを作るときは、こっちの空いた透き間はどないなるの?
【田中社長】 ここのクッション (背もたれ) をポコっとはめ込むだけなんですわ。
【お客さん】 (クッションを手に持って…) これかいな? 現物これかいな? 現物これ? これ? これかいな? ……ははぁ。
【田中社長】 ハメ込まなくても、スライドさせるだけでも十分寝られます。
【お客さん】 はぁ、そやな。この部分出てくるわけやからな。はいはいはいはい。

 お客さんの会話の中に 「これ」 が5回も出てきます。
 「はい」 は4回。
 この見事にリズムに乗った関西弁。
 まるでラップを聴いているような雰囲気でした。

アネックス田中氏
 ▲ 田中社長

 このリコルソのもうひとつの特徴は、新しいレイアウトに似合った斬新な色使いと質感に恵まれた家具類が採用されているところにあります。
 
 シート地は、明るいベージュ系のざっくりした平織り。
 家具類は、ダークな木目調。
 
 天然素材の優しさを感じさせるシート地と、人工美を追求したモダン家具のコントラスト。
 そこがなんとも見事です。
 シートは光りを吸収して 「なごみ感」 を表現し、家具は光りを反射して、シャープな輝きを追求する。
 うまいデザインです。

リコルソ4

 キャブコン 「ネビュラ」 を開発して以来、アネックスさんは、プロのデザイナーとの共同作業を進めることによって、意識的に 「デザインマインド」 を追求していくメーカーになりました。

 だから、最近のアネックス商品には、キャブコンからバンコンに至るまで、統一された 「アネックスブランド」 というものが浮かび上がってきているように思います。

 それは見ようによって、洗練された都会の匂いに満たされたものに思えますが、ある意味、機能的な狂いを微塵も感じさせない工業製品のクールさを追求しているようにも感じられます。

 日本のアニメ文化が 「ジャパンクール」 (日本的カッコよさ) と形容されて世界中に広まったように、国産キャンピングカーシーンにおいては 「アネックスクール」 という言葉が広まりそうな予感がします。

 リコルソのお値段は、2WD・ATで、3,475,500円から。

 ※ ちなみに、アネックスさんのトータルデザインの成果を示すものとして、下記のようなデザイン・ロゴがあります。
 カッコいいですよね。
 
アネックス標語ロゴ

 関西ショーで、私もこのロゴの入ったTシャツを1枚買いました。


campingcar | 投稿者 町田編集長 00:13 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2008年 10月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ホビダス[趣味の総合サイト]