町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

HERO(英雄)

《 昔の映画の現代的鑑賞法 歴史編4》
「HREO (英雄) 」


 『HERO(英雄)』 は、秦の始皇帝暗殺をテーマにしたアクション史劇 (2003年公開)。
 チャン・イーモウ監督がメガホンを取り、ジェット・リー、トニー・レオン、チャン・ツィイーなど、中国・香港を代表するスターたちが華麗な演技を競う、アジア初の本格的 大型 娯楽映画だ。

HERODVD

 ワイヤーワークによる空中チャンバラに魅力を感じない私としては、公開時にこれを観る気になれなかった。
 しかし、今回DVDで観て、
 「これは凄い映画だ」
 と認めざるを得なくなった。

《空中戦の美しさ》

 この映画では、主人公たちが演じる格闘シーンは、すべてワイヤーワークによる、重力の法則を無視した空中戦になっている。

 剣士たちは、跳躍しながら身体を反転させ、矢のような速さで剣を繰り出す。
 映画というより、劇画かアニメの世界だ。

 人の肉が切れる音まで再現した黒澤明風のチャンバラでもう驚いていた私のような世代の者は、こういう映像にリアリティを感じることは少ないだろう。
 しかし、劇画、アニメ、コンピューターゲームに親しんでいる世代にとっては、むしろなじみ深い映像だと思う。

 彼らが求める劇画やゲームの世界では、超人的な体力を持つ異能の武闘家たちが主人公となる。
 その武闘家たちの動きを、幼児期から視覚文化として取り込んできた人々にとっては、“空飛ぶ剣術家”でなければ、「強さ」 や 「たくましさ」 を実感できないかもしれない。

 しかし、私がこの決闘シーンに感心したのは、劇画やゲームの手法が取り入れられていたからではない。
 その動きが、洗練された美しさに満ちていたからだ。

 昔の映画では、決闘シーンといえば 「緊張感」 や 「迫力」 が要求された。
 しかし、ここでは、それらに代わって 「優美」 とか 「洗練」 といった概念の方が重視されている。

 跳躍する剣士たちは、まるで空中でダンスを踊っているように見える。
 滞空時間の長い彼らの飛翔は、時には止まっているようにも見え、そこには東洋的な静けささえ湛えられている。

 虚空を飛んでいく闘いとは、実は、想念のなかの闘いなのだ。

 実力が伯仲しているとき、決闘する2人は、対峙しあったまま動かない。
 碁や将棋の名人が対戦するときのように、相手の繰り出す20手先、30手先まで読み合おうとする。
 2人の“意識の闘い”が、映像として表現されたとき、空中の乱舞となるのだ。

 その剣士たちの動きに合わせ、華麗な衣装が空を流れ、風が枯葉を踊らせ、湖面がしぶきを上げる。
 それを見ていると、資本主義文化の最先端をいく、化粧品やファッション関係の洗練されたCMを見ているような気分になる。
 それでいて、そこには東洋哲学的な 「諸行無常の響き」 すら漂っている。

《意外と骨太のテーマ設定》

HERO2

 アクションの美しさを見せるだけの映画かというと、そうではない。
 テーマもはっきりしている。

 この映画は、「統治」 とは何なのか? を問う、政治哲学を披露したドラマなのだ。

 中国を統一し、のちの始皇帝となる秦王は、他国の王たちからは残虐な侵略者とみなされていたが、秦王には世界を統一するビジョンがあった。

 しかし、彼のビジョンはあまりにも雄大すぎて、他国民どころか、自国の臣民にも理解できなかった。
 むしろ、彼を殺そうとした暗殺者だけが、逆に彼の雄大なビジョンを理解していたという設定である。
 
 暗殺者たちは、秦王のビジョンに共感しながらも、彼を殺すべきか、生かすべきか煩悶する。
 秦王には、民を愛するという心が欠けており、天下を取った後は、手のつけられない暴君となることも予想された。
 そうなれば、秦王の政権が誕生したときには、民を苦しめる独裁国家が生まれることになる。

 しかし、秦王には、他のどの王よりも早く、戦乱の世を治め、平和な統一国家をつくる力もある。

 秦王は、中国の民からすれば、“もろ刃のつるぎ”なのだ。

 そこで、暗殺者たちは 「民を愛する」 心さえ持ち合わせれば、秦王の統治は万全であるというメッセージを、「暗殺をほのめかす」 行為のなかで、伝えようとする。

 秦王の抽象的な政治理念を、シナリオは分かりやすく要約している。
 秦王と暗殺者の間で、こんな会話のやりとりがある。

 暗殺者が、
 「趙 (ちょう) という国には、一つの文字を表現するのにも、たくさんの書体があります」
 と語る。
 すると、秦王は、
 「それは不便なこと。書体などはひとつで十分だ。ワシが天下を取ったならば、不必要な書体をすべて消し去ってやる」
 と答える。

 一見、文化の多様性を認めない暴君の発言とも取れるが、文字や度量衡を統一することは、国家事業の要 (かなめ) である。
 秦王は、国家統治の原則を述べたまでのことなのだ。

 秦という国家が採った苛烈なまでの法治主義も、ここでは分かりやすく描かれている。
 自分の政治理念に理解を示した暗殺者の命を、秦王はむしろ救いたいと思う。
 しかし、法に背いた者を裁かなければ、臣民に法というものを遵守させることはできない。
 
 秦王は、苦渋の選択の後に、暗殺者に死を賜 (たま)う。
 むずかしい政治理念の話を、子供にも分かりやすく描いたシナリオといえよう。

《変りつつある中国映画》

 10年ほど前、中国映画の 『三国志』 を観たとき、娯楽作品としては完成にほど遠いものを感じた。
 京劇的に様式化された俳優たちの演技も稚拙だったし、セットや衣装も貧しかった。戦闘シーンなどもお粗末なものだった。

 しかし 『HERO』 はもう違う。
 映像的な洗練度においては、もはや日本が負けているような気もする。
 この映画には、新しい映像技術を身に付けて、それに見合った映像美を想像した中国人の自信がみなぎっている。

 今は、ブランド品などの 「真似っ子」 をたくさん世に送り出し、知的財産権の意識が希薄だと顰蹙を買っている中国だが、もし中国映画が、かつてのハリウッド映画とは違ったスタイルの映画文化を築き始めたら、きっと世界の脅威となるに違いない。

 詩情豊かな映像を実現するためには、その背景となる風景も大切になる。
 なにしろ、中国は、その映像美を保証してくれるロケ地に事欠かない。

 広大な自国領内には、熱帯雨林もあれば、砂漠もある。
 世界的な高さを誇る山脈もあれば、上海のような“未来都市”もある。

 現に、この映画では、かつてのシルクロードの入口あたりを思わせる、茫漠たる砂漠が登場する。
 その荒涼たる砂漠の映像が、剣士たちの孤独な心情を雄弁に物語っていた。

 中国古代史を愛する人ならば、ここに描かれた砂漠の映像に、そのかなたに広がる幻の都の楼蘭を思い描いたり、西域に旅発つ張騫 (ちょうけん) や三蔵法師の後姿を重ね合わせたかもしれない。

 こういうロケーションは、どう逆立ちしたって、日本国内では見出せない。
 願わくば、いま経済発展を最優先しているかの国が、これ以上の自然破壊を進めないことを祈るばかりだ。
  
音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 23:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

200字で終わる世界

 ある本を読んでいたら、最近の編集者は、著者に原稿を頼むとき、「ひとつのテーマは200字以内でお願いします」というリクエストが多いという話が出てきた。
 200字を超えると、読者から
 「読みにくい」
 「何を言っているのか、分からない」
 というクレームが殺到するからだという。

 その本の著者はいう。
 「200字だと、物事を説明するときの理由や背景などに言及できない。ただ結果を述べる“標語”のような文章になってしまう」
 
 しかし、編集者がいうには、それでいいのだとか。
 「むずかしいことなど、誰も考えたくないし、興味もない。ただ、結論が分かりやすく書いてあればいい」

 本づくりの現場は、今そうなってきているらしい。

 理由、背景、構造、原理。
 そういうものがくどく述べられているより、とりあえず、今何をすればいいのか、その答が明確に表示されているものが売れる。
 そういう社会ができつつある
 …のだそうだ。

 それは、本の世界だけではないらしい。
 ゲームの世界でもしかり。

 ゲームといえば、かつては 「ドラゴンクエスト」 や 「ファイナルファンタジー」 のようなロールプレイングゲームが人気を誇っていた。
 しかし、最近急激に売上を伸ばしているのは、「脳トレ」に代表されるような実用ゲーム。
 ゲームの中でトレーニングすることで、 「脳年齢が若返る」 というようなものが主流。

 RPGのような、時間をかけて、ゲームの中の主人公を少しずつ成長させながら、冒険をしていくというゲームは、今や 「まどろっこしい」 と思われるようになってきたのだそうだ。

 あるゲーム開発者は、
 「とにかく、これから開発するゲームは、分かりやすくて、すぐに結果が出て、その結果に対して過剰にほめられるという要素がないとダメ」
 と語っている…という話が、その本で紹介されていた。

 本やゲームの市場がそういう色に染め上げられてきたというのは、本当のことなのだろうか。
 もし、そうだとしたら、なぜそのようになってきたのだろうか。

 むずかしい話は、私には分からない。
 ただ、なんとなく、変な世の中になってきたなぁ…という思いは強い。 
 
 
コラム&エッセイ | 投稿者 町田編集長 03:31 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<  2007年 6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]