町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

未来は幸せか

 未来は人間にとって 「幸せな時代」 となるのか、どうなのか。
 まぁ、間違っても 「幸せな時代」 になると答える人は皆無…とはいわないまでも、少数派だろう。

 どちらかというと 「不幸な時代が来る」 …というか、もう 「滅亡の時代」 が近いという雰囲気を嗅ぎ取っている人もいるのではなかろうか。

 それは封切られる映画の流れを見ると、よく分かる。

 この度公開される 『2012』 みたいに、最近はやたらと人類滅亡をテーマにした映画が話題を呼ぶ。
 昨年も 『感染列島』 とか 『地球が静止する日』 などといった、地球のみんなが仲良く一緒にパニック…みたいな映画が脚光を浴びた。

2012ポスター

 どうやら人類は、 「明るい未来」 よりも 「絶望的な未来」 の方にリアリティを感じ始めたようだ。 
 そして、そういう時代が来るのを覚悟して、気分的な予行演習を始めたという感じがなきにしもあらずだ。

 確かに、ニュースから流れる言葉はみな暗い。
 「景気が2番底を打つ」 とか、 「大失業時代が来る」 とか、 「中小企業の倒産が増大」 とか……。

 そのような景気の落ち込みを背景に、日本の自殺者は11年連続で3万人を上回ったし、動機の分からない殺人事件がよく起こるようになったし、小学生のうつ病も増えている。

 世界的に見れば地球の温暖化、石油資源の枯渇が、相変わらずの大問題。
 さらに、日本の少子高齢化を尻目に、人口増加の一途をたどる発展途上国がもたらしそうな深刻な食糧危機。

 地球上のどこを見ても 「終末」 の色に染められてきた感じがする。
 21世紀に入ってもう10年が過ぎようというのに、気分はいよいよ 「世紀末」 だ。

2012スチール

 しかし、これと同じような光景を、かつても見たことがある。

 たび重なる十字軍の遠征で疲弊 (ひへい) した貴族階級の没落が始まり、国中にペストが広がり、至るところに 「魔女」 や 「死神」 が横行した中世ヨーロッパだ。

 もちろん、そんな時代に生きていたわけではないから、これもまた映画の話。

 1957年にイングマール・ベルイマンが撮った 『第七の封印』 は、まさに、あの時代に “人類滅亡” の瀬戸際に立たされた人々を描いた映画だったように思う。

第七の封印死神01
▲ 「第七の封印」 に登場する死神

 疫病と戦禍が絶えないヨーロッパの中世末期、どこの国でも一歩村を出れば病死か飢餓で命を失った人々の死体が、当たり前のようにゴロゴロと転がっていた。

 村の火葬場からは、毎日のように死体を焼く煙が上がり、それが空を不吉な色に染めていた。

 ペストに対する医学的知識のない当時の人々は、これを 「神の裁き」 と素直に捉える。
 誰もが、 「最後の審判」 がいよいよ近づいたと恐れおののいた。

 神の裁きの日を待てない人たちは、 「天国」 への入門キップを手にするために、裸体の自分にムチを打ちながら罪を懺悔し、血を垂らして町中を歩き回る。

 町の酒場では、
 「どこそこの村では、太陽が四つも昇った」
 「どこそこの村では、牛の頭を持った赤子が生まれた」
 ……などという、世の末を暗示するような風評がかけめぐる。

 人々は暗い未来に怯え、神に祈とうを捧げ、聖人たちの受苦に涙を流す。

 それでいて、不思議なのは、聖職者たちの前で涙を流していた村人たちは、今度は一転して、自分たちを見舞う不幸から目を転じるかのように、旅芸人のたわいない余興に腹を抱えて笑い転げる。

 その様子はどこなく今の日本に似ていなくもない。

 スピリチュアルブームのような霊的なものに過度に寄り掛かろうとしたり、バラエティ番組の末梢神経的な笑いにうつつを抜かしている我々は、気分的にはヨーロッパ中世末期を生きた人々と同じメンタリティを共有している。

 中世ヨーロッパの末期は、いまの時代と同じように、政治や経済の構造がかつてないほどドラスティックな変容を遂げようとした時代であった。

 具体的にいえば、重商主義貿易が勃興して、ブルジョワジーが台頭する時代の “前夜” だったし、イタリアでルネッサンスが開花し、 “脱キリスト原理主義” の思想が生まれようとしていた。

 このような、人々の意識構造を変えるパラダイムチェンジの時期が訪れると、既成の文化、宗教、権威などがガラガラと崩れ落ちるため、人々の精神はきわめて不安定な状態にさらされる。

 仮にその次の時代が、それまでの政治・経済・文化を一新する画期的なものであるにせよ、そんなことは、その渦中にいる人たちには分からないことだし、当然、未来に対する期待も生まれない。

 人間は、当たり前のように享受している今の生活に、ほんの少しの陰りが見えただけで、そこに 「滅亡の予兆」 を嗅ぎ取るものである。

 今日のわれわれは、盲目的に信仰していた 「経済成長神話」 が揺らぐのを見て、経済発展のない暗黒時代に突入していくような不安に駆られているが、  「経済成長神話」 を 「神」 という言葉に置き換えてみれば、われわれの見ている風景と、中世の人々が見ていた風景は、そんなに変わらないことに気づく。

 いつの世でも、パラダイムシフトが起こる時代というのは、 「終末」 の予兆に浸されるものだ。

第七の封印(死神とのチェス)
▲ 死神とのチェス (第七の封印)

 冷戦構造の終焉やグローバル資本主義の成立、エネルギー転換、経済ブロックの再編成など、世界史を大きく塗り替えるような大問題が立て続けに生じた現代社会は、人類に最大のパラダイムチェンジを迫っていることは間違いない。

 これだけの 「不安因子」 が多く揃っていれば、景気などよくなるわけがないではないか。
 そういった意味で、今は “第二の中世” なのかもしれない。

 ただ、一つだけ、彼らにあって、われわれにないものがある。
 それは 「死を受け入れる文化」 だ。

 彼らは日常的に死に接していたから、死を恐れる気持ちも強かったけれど、それを受け入れる 「文化」 もしっかり持っていた。

 映画 『第七の封印』 のラストシーンは、死者たちのハイキングのシーンで終わる。
 死んでいった者たちが、死神が案内するままに丘の稜線を歩き、生きている者たちの視線から遠ざかっていく。

第七の封印死者の行進

 彼らの行き先は、言うまでもなく 「冥界」 なのだけれど、不思議なことに、死者たちの足どりは、晴れた日のハイキングのように軽やだ。

 そののんびりした行進が、白日夢のように、丘の彼方に消えていく。
 それはどことなく平和で、のどかなエンディングに見える。

 「死」 の接近を拒み続けるわれわれは、必死になって健康管理に務め、アンチエージングに励み、老後の安定を支えるために貯蓄し、その結果、孤独死を迎えるか、あるいは婚活サギの異性に騙されて、すべて散財したあげく、自殺したように偽装される。

 われわれと、中世の人々は、果たしてどちらが幸せなのか。

 関連記事 「第七の封印」


コラム&エッセイ | 投稿者 町田編集長 00:40 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]