町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

音に色が見える

 フランスの詩人アルチュ-ル・ランボーは、 「オレは母音の色を発明した」 と書く。

 「A は黒、E は白、I は赤、U は緑、O は青…」 ( 『地獄の一季節』 「錯乱Ⅱ」 )
 
 それを、たまたまラジオのフランス語講座で聞いたことがあったけれど、原語の発音には、 「アーノワール、ウーブラン、イールージュ……」 というような、アフタービートのグルーブ感があって、その色彩的な鮮やかさと韻律の躍動感に、 「詩人のイマジネーションというのはすごいもんだ!」  とほとほと感心したことがある。

アルチュ-ル・ランボー肖像
 ▲ アルチュ-ル・ランボー

 しかし、文字が色を持っていたり、ある種の音楽性を持っているということを、イマジネーションを駆使した 「比喩」 としてではなく、実際に 「感覚」 として感じている人たちがいる。

 「共感覚」 といわれる特殊な感覚を持って生まれた人たちのことだ。
 
 これをひと言で説明するのは難しい。

 なぜなら、普通の人には、
 「文字に色が見える」
 「音に色が感じられる」
 「風景に匂いが漂う」
 「女性の性周期に色があり、音が鳴っている」
 ……などという感覚をなかなか理解できないからだ。

 しかし、世の中には、そのような感覚を身につけている人が10万人に1人、あるいは2万人に1人ぐらいの率で存在するという。

 彼らの間では、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などという人間の 「五感」 が分節されることなく、フラットに並立し、それが様々な形で共振・共鳴しながら、独特の感覚世界をつくりあげている。

 そのような感覚を 「共感覚」 というが、そういう感覚を持っている人は、
 「Aさんが右を向いた姿は、紅色の曲線が施された柔らかい円柱の姿である」
 とか、
 「このお菓子の匂いはト長調の薄い黄色で、食べてみても、ト長調の薄い黄色の味だった」
 などという経験を日常的に味わっているのだそうだ。

 この共感覚を持った1人の男性が、自分自身の体験を振り返りながら、なぜそのような感覚が生まれてくるのか、またそれが人間にとって何を意味しているのか……ということを追求したのが 『音に色が見える世界 「共感覚」 とは何か』 (PHP新書) という本である。

音が色に見える世界表紙

 著者は1982年生まれの岩崎純一氏。
 彼は、圧倒的に女性に多いといわれる共感覚者のなかで、貴重な男性体験者でもある。

 この本が面白いのは、岩崎氏が、自らの体験と様々な先行研究を踏まえて、独自の仮説を立てているところにある。
 それは、
 「共感覚者の脳の構造と機能は、人類が言語を獲得する以前の感覚ではなかろうか?」
 あるいは、
 「人の感覚は、大人になるにつれて記号的・抽象的に分節化してしまうものだが、共感覚というのは、そうなる前の幼児期に共通して見られる感覚ではないか?」
 というものである。

 そこから、さらに彼はこう考える。
 「共感覚者は女性に多いといわれるが、それは、男性の方が共感覚を失ってしまったということではなかろうか」

 つまり、かつての人類は、みな共感覚を持って 「世界」 を見ていた。しかし、ある時を境に、男性は共感覚など持たなくても生きていける社会を手に入れた。
 岩崎氏の研究は、そこから独自の境地を突き進んでいく。
 
 男性から共感覚を失わせてしまった社会とは、どんな 「社会」 なのか。

 岩崎氏はそれを、英語が 「国際語」 として全地球規模に蔓延した 「社会」 だと捉える。

 彼にいわせると、欧米語というのは、元来記号的・抽象的な性格の強い言語であるが、特にアングロサクソン民族の使っている英語というのは、 「世界」 を機能的に分節する力が強く、それが 「国際語」 として特化していくなかで、さらに機能性と実用性を全面に打ち出すような言語として完成していったという。
 
 つまり、 「見る」 という言葉を、 「see」 、 「look」 、 「watch」 などに分け、 「聞く」 という言葉を 「hear」 、 「listen」 などに分類し、それぞれに厳密な定義を与え、状況によって使い分けることで、 「自己」 と 「他者」 との関係性を明確にするように発展してきたのが、英語だというわけだ。

 そのような言語体系が明治期に日本に導入され、日本語は質的に大転換を遂げることになった。

 幕末から明治にかけて、日本語がどのように変わったか。
 次のような言葉を見ると、それがよく分かる。

 自由、進化、観念、民族、革命、科学、哲学、思想、経済、階級、時間、空間、文学、美術、失恋 ……

 これらの言葉を使わないと、もう現代社会を語ることなどできないが、このような日本語は、すべて欧米の言葉に対応する概念を、いかに日本の言葉で表すか、という幕末・明治の日本人の骨身を削る努力の末に生まれた 「和製漢語」 なのである。

 もちろん、字面は日本人に見慣れた漢字であったが、それは今までの日本人の理解力を超えた新しい言葉であり、当時の日本人にとっては “外来語” のようにしか映らなかっただろう。

 つまり、このとき日本語は “英語化” されたのだ。
 日本人が欧米の言葉を使うということは、その思惟の骨格も欧米化するということになる。

 思惟の骨格が変わるということは、感覚も変わることを意味する。
 当然、 「自然」 を観る目も変わる。

 “花鳥風月” をベースにした日本的な 「自然観」 はあいまいで情緒的なものだと嫌われ、自然科学の対象となるような、“客観的自然” というものが、日本人の間にも尊重されるようになる。
 
 そのときに、性周期を持ち、出産も経験する女性は、身体の中に流れる 「自然性」 を完全に捨て去ることができなかったが、そのような 「自然性」 を身体的に持たない男性は、いとも簡単に 「人工的」 な世界観を持つ英語的文化に染まるようになった。
 岩崎氏は、女性に比べて共感覚を持つ男性が減ってしまった理由を、そこに求める。

 英語文化が日本に浸透するようになり、日本人の感覚が劇的な変容を遂げたことに対し、現代人はあまりにも無頓着になっている。
 しかし、例を挙げていけば、その変貌ぶりが手に取るように分かってくる。
 
 たとえば、それまでの日本人は、 「blue (青) 」 と 「green (緑) 」 を分けるような色彩感覚を持ってはいなかったが、欧米語が導入されることによって、日本人にもはじめて 「青」 と 「緑」 の色が違う色として認識されるようになった。

 また、現在のわれわれは、 「赤」 と 「青」 の2種類の色があったとき、ほとんどの人が何の疑問も抱くことなく、
 「赤は熱く、青は冷たい」
 と感じる。

 しかし、それこそ、 「欧米のキリスト教文明圏の聖職者や科学者のイデオロギーを反映した色彩感覚だ」 と氏は語る。

 それは科学の言葉であるように見えながら、実は科学でも何でもない。
 実際に、ロウソクのいちばん高温部は炎の青い部分であるし、夕焼けや朝焼けのように、太陽が低くて気温が低くなる時刻帯こそ、陽は赤くなる。
 「赤は熱く、青は冷たい」 という感覚は、欧米文化圏だけに流布している “神話” に過ぎない。

赤白の壁

 では、そういう欧米的な色彩感覚を受け入れる前の日本人は、自然界の 「色」 をどのように見ていたのだろうか。
 
 人間が色をどのように識別していたかという研究は、いろいろなところで進められているらしいが、多くの研究によると、昔の日本人の色彩感覚は、欧米人の感じる 「color」 とはかなり異なるものであったらしい。

 色には、 「色相」 と 「彩度」 と 「明度」 がある。
 「色相」 というのは、 「赤」 とか 「青」 といった、いわゆる現代人が色を識別するときの常識となっているような色の違いをいう。
 「彩度」 というのは、原色に近いか、それとも色が混じり合って鈍い色になっているかどうかを識別するものだ。
 「明度」 は、明るさである。

 そのように色を分析した場合、明治期までの日本人は、基本的に 「彩度」 と 「明度」 には敏感だが、 「色相」 に関しては、それほど関心を払っていなかった。
 だから、たとえば 「あか」 という色は、日本人にとっては 「光のある色」 、 「明るい色」 を意味するに過ぎず、古代人は、現代の色相では 「黄色」 に分析されるような色ですら 「あか」 と呼んでいたという。

 基本的に、日本の色彩語には 「あか・あを・しろ・くろ」 の四語しかなく、 「あを」 「しろ」 「くろ」 に入らない色は、すべて 「あか」 と呼ばれていたらしい。

 このように書くと、いかにも、英語の方が厳密に、正確に 「色」 を捉えていて、日本古来の色彩感覚の方が、いい加減で幼稚であるように思えてくる。

 しかし逆なのだ。

 英語文化圏でいう 「色」 がすべて 「色相」 だけに固定化された概念に過ぎないのに比べ、日本語の 「色」 は、もっと多様なニュアンスを含みもった概念として流布していた。

 日本語の 「色」 は、単なる視覚・色覚を表現する言葉ではなく、たとえば 「色事」 、 「色好み」 などという言葉に象徴されるように、男女間に交わされる触覚、聴覚、嗅覚などを総動員したある種の 「情緒」 や 「情感」 を表現する言葉でもあったわけだ。

 それは、ある意味で日本語の “豊かさ” であったといえるかもしれない。

 岩崎氏の考察がユニークなところは、古来の日本人の使っていた 「やまと言葉」 こそ、共感覚者の感じる世界を表現した言語であったと喝破したところである。

 氏は、緻密化し、抽象化していった英語文化が駆逐していった 「やまと言葉」 の中にこそ、 “生の手応え” を感じるという。

 たとえば 「にほひ」 という古語は、現在は 「匂い」 と書かれ、英語の 「smell」 の同義語として扱われている。
 しかし、 「にほひ」 または 「にほふ」 という言葉は、古語では単に嗅覚的表現にとどまらず、視覚的であり触覚的な広がりを持つ言葉であったとも。
 
 「そのような 『にほひ』 という言葉の感触を、脳の次元でも言葉の次元でも、現代の日本人男性は失ったのではないか」
 と、氏はいう。

 現在、このような失われた共感覚への “郷愁” が、奇妙な形で復権しようとしていることを、氏は嘆く。

 「共感覚を失った人が、それを取り戻そう思って、人工的に共感覚をつくろうとする動きが出ている。
 それが今流行の右脳トレーニングや、安易なスピリチュアルブームや、小手先だけの美術館めぐりなどだが、 (それでは) 本当に、人として豊かな感性に達することはできない」

 氏はいう。
 「古典を読まない共感覚研究は、今に行き詰まる」

 ともすれば、擬似科学や自己啓発本のヒントになったり、オカルト文学の材料になりそうな 「共感覚」 に対し、大事な警告だと思う。


音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 05:26 | コメント(6)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
80年代以降生まれの世代からそういう意見が出てきているということも、何かを考えさせられます。
われわれは彼らに否定され置き去りにされようとしている、ということを、アラフォー以上の世代はみんな自覚したほうがいいのではないか、と思います。
思想や哲学の世界のプロやセミプロ連中だって、読書量や学術用語の武装を剥ぎ取ってしまえば、みんな他愛ないことをいっているだけで、彼らのその他愛なさは、もっと高度で複雑な思想や哲学によってではなく、「もっと他愛ない論理」に否定され置き去りにされるのだ、ということが彼らはわかっていない。いまだに「高度」とか「複雑」とか「緻密」というようなところをめざし、そこで競い合っている。
しかし[共感覚]は、その「もっと他愛ない論理」のひとつであり、そういうことを、80年代以降の生まれの世代は、直感的に見抜いている。
たとえば、言葉の専門家であれば言葉の発生の現場のことがわかるかというと、そうではなく、「言葉以前」の感覚を知っているものでなければその問題には迫れない。言葉は、「言葉以前」のところから生まれてきたのであって、言葉を知ったから言葉を生み出したなんて、ただの論理矛盾でしかない。
すなわち、「もっと他愛ない論理」、真実というのは、あんがいそういう「実もふたもない」ところに潜んでいる。
「高度」や「複雑」や「緻密」を競ったって無駄なだけさ、ということは、たしかにある。
私は、「語源」にちょいと興味があるのですが、今の語源辞典なんか、どれも「言葉以前」の「「共感覚」がまるで考えられていない説明ばかりです。
たしかのその「共感覚」は、「近代の超克(ポストモダン)」を示唆するもっとも重要なパラダイムのひとつかもしれない。私にはそんな感覚はさらさらないけど。
投稿者 そら 2009/11/12 22:39
>そらさん、ようこそ。
「共感覚」 という感覚を持つ人がいらっしゃるということは、かなり以前より研究テーマとして採りあげられていたようなのですが、私は今回岩崎純一氏の著作を読むまで詳しい実態を知りませんでした。

だだ、そらさんと同様、私にもそのような “感覚” を持ち合わせていないので、 「共感覚」 という視点からアプローチする論理が、どれほど 「言葉の語源」 や 「近代の実体」 に迫れるものなのかどうか、その実効性を体験的に確証しえないというのが正直なところです。

というのは、実はこの著作の紹介記事を書いてからネットでこの言葉を検索してみたところ、 「共感覚」 についてはものすごく膨大な情報が流通していることを知りました。その中には、岩崎氏の思惑を通り越して、 「時代を読み解くジャーナリスティックな意匠」 のように捉えている記事も相当数ありました。

だから、 「共感覚」 というものも、ヘタをすると 「謎を読み解く便利なイデオロギー」 として機能してしまうのではないかという一抹の危惧を感じています。

ただ、この岩崎氏の著作に限っていえば、この本の魅力は、著者があくまでも自分の “感覚” のみに誠実に向き合っているところにあります。
そこには、そらさんのおっしゃるように、高度な思想的意匠や複雑な分析や緻密な考察だけでは導き出せない “ナマの洞察” があります。
そしてそれは、そらさんのいう “他愛ない論理” として、真実に迫るひとつの力であるように感じます。

彼には、 「アラフォー以上の思想のプロ」 を敵に回すなどという意識は皆無でしょうが、だからこそ、結果的に彼らの上の世代を置き去りにしてしまうということは起きうるでしょうね。

正直にいうと、この 「共感覚」 という視点からは、自分が今考えている様々な問題を一気に解決してくれそうな “手応え” も感じているのです。だからこそ、慎重でありたいとも自戒しています。
 
投稿者 町田 2009/11/13 00:37
私。声に色が見えますよ。
ただし、あのブルースシンガーの声に限ってですけど。

町田さんには、是非一度、大木さんの歌を生でお聴きいただきたいのですが、クリスマスの頃はお忙しいでしょうしね。
まだ、申し込めるかもしれませんが・・・
昨年は、ディナーなしのコンサートのみの方もいらっしゃいました。
「え?こんな席もあったの?」と昨年はじめて見ました。
今年もそんな席があるかどうかは分かりませんが。

21日に「Specialふれあう会 大木トオル・愛犬チロリ」を語るが開催されるようです。
もしかしたら、歌も歌われるんじゃないかと思っています。
(分かりませんけど)
ご都合がおつきになれば、是非。
投稿者 ムーンライト 2009/11/13 17:54
>ムーンライトさん、ようこそ。
大木トオルさんの声の色というのは、どんな色なんでしょう。それが見えるとしたら、ムーンライトさんは他のどんなファンよりも、大木さんの歌を多角的に楽しんでいるということになりますよね。素晴らしいです!

実際、そういうことは有りえるように思います。
私もまた、ある種の黒人ヴォーカリストのファルセットボイスなどには 「シルク」 の手触りを感じることがありますから。

クリスマスの頃のスケジュールはまだ分かりませんが、かなり過密状態になっている気配はあります。
でも、ホント一度大木さんのライブにはご一緒したいという気持ちはあります。まだレコードでしか大木さんの歌は聞いたことがありませんので。

とても艶(つや)のある声。聞く人間の肩に、そおっと後ろからベルベットのマントを優しくかけてくれるような。クリスマスの季節にぴったりの歌声なのかもわかりませんね。
 
投稿者 町田 2009/11/14 03:20
町田さんこんにちは
早速のお手配畏れいります。 また温かく迎えてくださいまして嬉しゅうございました。 よろしくお願い致します。

さて『共感覚』のことは以前TVの番組で特集したのを観たことがあります。 町田さんがおっしゃるようにさまざまなタイプがあるとのことで、それぞれの現象の紹介がある毎に驚いておりましたが、実のところはあまりピンとこなかったのです。 100メートルを10秒代で走るアスリートに対しては、私は喫煙の悪癖を反省しながらも25メートルは走れますし、本のページを図像として記憶することで超速読を実現する人については、我が脳みその血流の悪さは愛煙のせいであるかと、ピースの素敵なバニラ味を呪ったりで、優れた能力の持ち主と自分とを対比させられます。 一方『共感覚』には、どんな現象か想像力を働かせようにも、自分の感覚に理解の糸口になりそうな類似要素があればこそ、といった訳でしょうか。 『言葉(または物)と色』の関係でいえば、「ビートルズ」は私の感覚では「紫」であり、「呪い」は「白」でありますが、それはただの『連想』に過ぎないことですので、今では理解を諦めております。

それでも今回町田さんが本の解説をされている記事は大変面白く、私の頭の正味をきっちり埋め尽くしてくれました。 チラと思いついたことのひとつは、西脇順三郎らシュールレアリズムの現代詩人たちのなかに共感覚を用いて詩作をている者がいたとしたら、それは大いなるズルであるなということです。 もうひとつは大和ことばについてですが、「さけ」「かたな」など我らが敷島固有の事物を「日本酒」「日本刀」などと漢語で呼んでしまう忌々しさです。 しかも私も含め漢語遣いをいまだに習得しきれていないのか「状況下のもと」だの「楽観視」「客観視」だのヘンテコな言葉が横行していること...でももう後戻りの出来ない世界です。 諦めております。 

ではでは、今度はビートルズのことなど教えて頂けるのを楽しみに、また訪問させて戴きます。
投稿者 晋太郎 2009/11/14 16:24
>晋太郎さん、ようこそ。
私もまた喫煙の “悪習” から逃れられない者です。これは、相手を 「煙に巻く」 という感じで、自分の弱さを悟られないようにする “煙幕” の効果を期待しているのではないかと思っています。

シュールレアリズムというのは、詩であろうと絵画であろうと、晋太郎さんのおっしゃるように、 「共感覚」 的な世界の再現をもくろむものであるように思います。
しかし、それが理詰めで追求されるものである限り、ちょっと退屈…という面はありますね。絵画でいえば、ダリもマルグリッドも理屈っぽい絵であるように感じます。

和製漢語というのも、やはり理屈っぽい言葉で、やまと言葉のしなやかさとは縁遠い表現であるように思います。しかし、もう後戻りはできませんよね。おっしゃるとおりです。

ビートルズに関しては、けっこう初期のものが好きなんです。後半になると、「愛」 とか 「平和」 という理屈っぽい世界が少し前面に出てくるような感じで、あまり思い入れができないんです。

やんちゃな不良少年そのままであったような初期のジョン・レノンのヴォーカルとギターワークにしびれています。
ポールのベースの独特のドライブ感も好きです。

こちらこそ、晋太郎さんからいろいろなことを教わりそうです。
よろしく!
 
投稿者 町田 2009/11/16 02:14
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ホビダス[趣味の総合サイト]