町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

転換期に立つRV

関西キャンピングカーショー

 「関西キャンピングカーショー2009」 に行ってきました。
 そこで気づいたことは、ミニチュアダックスフンドの多いこと。

 隣りの館でペットショーが開催されていため、そちらから流れてきたお客さんも多いせいか、会場には犬連れ来場者の姿がいっぱい。
 よく見ると、犬種としてダックスフンドが多いのです。
 「大阪はダックスの町だな」
 …と、妙に感心してしまったのです。

 帰って来て、カミさんにそう言ったら、
 「あなた、去年も同じことを言っていたわよ」
 と指摘されちゃいました。

 ま、うちで飼っている犬がミニダックスなので、ついつい同じ犬種に目がいってしまうのでしょうね。

クッキー幼少期01

 同じ犬種でも、犬はよく見るとみな違った風貌をしています。
 それぞれの飼い主にはみな見分けがつくのですが、あれだけ同じ種類がいっぱいいると、中には似た顔同士のワンコも出てくるんですね。 

 そんなとき、飼い主たちが、リードをベンチの脚かなんかにつないで買い物したりしたときに、ふと、隣りの犬を間違って連れて行ったりしないかしら。

 会場にあれだけ人間が多いと、犬だって、飼い主の顔とか匂いをはっきり区別するとは限りません。

 犬は犬で、 「あれ、うちのご主人…こんな顔だったっけ? こんな匂いだっけ?」
 と、半信半疑に別の飼い主の家まで帰り、
 「なんか家の様子が違うな…。引越しでもしたのかな…」
 などと思いながら、まぁ、それでもお互いに平和に、つつがなく新しい生活を始める……。

 そんなことって、あり得ないでしょうかね。

 ……さて、少し文体を変えて、ちょっとショー会場で感じたことをレポート。

大転換期を迎えたRV業界

 キャンピングカー (RV) 業界は、今、奇妙な戸惑いの中にいる。
 とてつもない 「鉱脈」 にぶち当たったのに、それを、どう掘り進めればいいのか。
 その手前で、焦燥とも、興奮ともつかぬ胸騒ぎの中で、途方に暮れているような気がする。
 今回のキャンピングカーショーで、いろいろなビルダー・販社の方々と話しているうちに、そう思った。

 日本RV協会 (JRVA) が発表した08年度の販売状況を見ると、あの原油価格の高騰、世界的金融危機という逆風の中で、国産キャンピングカーに限っていえば、昨年度の販売台数は、その前年よりも上回ったのだ。
 乗用車販売が4年連続の前年比割れを起こしていたことを考えると、これは驚異であるかもしれない。

 しかし、その内実を見ると、不思議な現象が起きている。

 「8ナンバー以外のクルマが売れている」

 つまり、法的に 「キャンピングカー」 として登録しなくてもよいクルマが、昨年は飛躍的な台数を伸ばし、それがキャンピングカー登録のできる従来の “8ナンバー車” の販売的な落ち込みをカバーしたのだ。

 具体的にいうと、シンク (流し) の存在やベッド寸法などの規定において、キャンピングカーの “定義 = 構造用件” にとらわれないクルマが、昨年から今年にかけて、大きな売れ筋として浮上してきたのである。
 それも、その主力は小型車。

 これは、4ナンバー登録の軽自動車キャンパーが増えたことで顕著になった傾向でもあるが、それ以外のベース車でも、ダウンサイジング傾向は見られる。 
 ハイエースでいえばスーパーロングではなく、ロングワイドやナローボディのクルマだ。

 今、比較的コンスタントに売れているこれらのクルマは、ワゴンライクなシートレイアウトを持ち、簡単な操作で荷室スペースも広くなり、トイレ、冷蔵庫、流し、コンロなどにこだわらない小型のキャンピングカーなのである。

乗用車ベースキャンパー室内01
▲ 乗用車ベース (バン) の簡易キャンパーの室内

 この “説明” は、ある意味で、簡単である。

 つまり、通勤、買い物、ドライブ、キャンプなどマルチにこなすファースカー・コンセプトのクルマが求められる時代になった…というもの。
 裏を返せば、キャンプ専用のキャンピングカーと、日常的に使う乗用車という 「2台保有」 を前提としていた所有形態が、この経済不安が長く続く時代において難しくなってきたということを意味する。

 さらに、もうひとつ考えられることは、ここに来て、裾野が一気に拡大したことだ。
 従来ならば、 “高額商品” というイメージが先行していたために、その購入をハナから考えてもいなかった人々が、軽自動車キャンピングカーや低価格キャンピングカーの存在に気づき、にわかに興味を持ち始めたという事情もある。

軽自動車キャンピングカー
▲ 軽自動車キャンピングカー

 その底辺の広がりが、売価の高い高規格キャンピングカーを求めない人たちの層も厚くした。
 多くの人々の分析は、そこに集約される。

 しかし、そのような説明ではすべてを解明できない、何か新しい変化が起きているように思えるのだ。

 まさに地殻変動のような大きなうねりが起こり始めているのかもしれない。
 そうも思うのだ。

 あるビルダーの社長は、こう言った。

 「今年のゴールデンウィークにテレビを見ていたら、レポーターが高速道路のサービスエリアで、行楽のために車内で寝泊りしていた人々を取材していた。
 そのとき驚いたのは、レポーターが 『車中泊』 という言葉を、何のためらいもなく使っていたことだ。
 『車中泊』 という言葉は、日常用語の中に浸透してきたとはいえ、まだまだそれを “趣味” としていた人々の間に定着した言葉だと思っていた。
 しかし、すでにマスコミは、 『車中泊』 という “ライフスタイル” が存在することに気づいたのだ」

 この社長の驚きはよく理解できた。
 確かに、ワンボックスワゴン、ミニバン、ステーションワゴンあるいは普通のセダンを利用して、高速道路のSAや 「道の駅」 で寝泊りする人たちが激増していることは、相当前からキャンピングカー業界では話題になっていた。

 事実、書店に行くと、 「車中泊」 のノウハウを解説した雑誌、ムック、単行本はすでに新しいコーナーを形成しているし、ネットで 「車中泊」 関連のワードを検索すると、ヤフーで約300万件。
 すでに、 「クルマの中で寝泊りしながら旅をする」 という旅行スタイルが、日本ではしっかり定着してきたことが分かる。

 彼らは “キャンピングカー予備軍” なのか。
 それとも、キャンピングカーユーザーとは永遠に交わらない人々なのか。

 ビルダーの首脳陣が集まる会議などでは、そんな議論もなされてきた。

 たいていの場合、キャンピングカーを購入できるお金が貯まれば、その人たちはキャンピングカーのマーケットに参入してくるという意見が大半を占めるのだが、一方では、 「いや、あれはキャンピングカー的な使い方とはまったく別のライフスタイルを目指す人々だ」 と語る業者さんもいる。

 今のところ、キャンピングカーの構造用件を満たす必要のない小型バンコンの出足が目立つところを見ると、前者の意見の方がマトを射ているように思える。
 一概にはいえないが、それらのクルマは装備品目もレイアウトもシンプルで、その分コストを下げて、売価を抑えている。
 つまりは、現在 「車中泊」 を楽しんでいる人たちのニーズにかなった仕様が実現されたもので、キャブコン、バンコンともに、そういう車種をリリースするビルダーが増えている。

キャブコン01
▲ キャブコン

バンコン01
▲ バンコン

 しかし、あるビルダーの開発者はいう。

 「それで本当にいいのだろうか…。市場が求めるものを造っていくのはビルダーの責務で、そうしなければ食べていけないのも事実だが、これまで積み上げてきたキャンピングカービルダーとしてのスキル、技術的成果といったものが、ほとんど試されない時代になってしまったようにも思う」

 日本のキャンピングカー業界は、ここ10年ぐらいのうちに、欧米先進国とは違ったスタイルの高度な 「RV文化」 を創造してきた。
 そこで造られてきたクルマは、みないかにも日本的な細かい配慮に裏打ちされた、洗練された 「日本様式」 のようなものを確立しつつある。

 だから、ビルダーたちの本音は、 「車内で寝るため」 に特化した “骨組みだけ” のクルマではなく、自分たちの秘術を十分に発揮した “肉付けのある” クルマを正当に評価してほしい、というところにある。

バルミィメイン01
▲ 高規格型バンコン

 ところが、 「車中泊」 というライフスタイルが大きくせり出してきたことによって、従来のキャンピングカー・コンセプトも、大きな修正を迫られそうな空気も生まれた。

 その傾向が、今後のトレンドとしてそのまま定着していくのか。
 それとも、さらに、そこからもっと進化したキャンピングカースタイルというものが発展していくのか。

 多くのビルダーは、確実に売れていく簡易キャンピングカーと、自分たちの技術成果をはっきり謳える高規格キャンピングカーとの狭間 (はざま) に立って、奇妙な戸惑いを感じている。

 私は、こう思う。
 どちらも、アリなのだ。

 戸惑っているのは、実は、ビルダーだけでなく、一般乗用車で 「車中泊」 を楽しんでいる人たちも、また同様に戸惑っているのだ。
 つまり、業界もまたユーザーも、新しく生まれてきた 「車中泊」 という旅行スタイルをどう確立していくのかということに対し、その明確な答を持っていないことにはおいては変りがない。

 そのようなライフスタイルが、この先どういう 「旅行像」 を形成するのか。
 それによって、日本のレジャー産業がどう変るのか。
 また、公共の駐車スペースを利用した場合のマナーとかゴミ問題はどう処理されるのか。

 すべては未知数である。

 だから、このまま手をこまねいていれば、それは既成の観光産業を破壊することにもなりかねないし、旅行のモラルやマナーを低下させることも起こりうる。
 しかし、逆にいえば、新しい観光産業の育成に多大な貢献を果たし、新しい旅行ルールを確立することにもつながる。

 そのような大きなテーマが、やがてマスコミでも採りあげられる時代が来るだろうが、そこでキャンピングカー業界が果たす役割は大きい。

 つまり、 「車中泊」 を “文化” として高めることができるかどうかは、キャンピングカー業界が、今後どのようなクルマを造っていくかにかかっている。
 
 確実にいえることは、 「旅とは何だ?」 というテーマにしっかり答を出したキャンピングカーだけが生き残る。

 構造用件を満たしていない簡易キャンパーだろうが、高い技術水準に満たされた高規格キャンピングカーだろうが、 「旅とは何だ?」 、 「旅することによって何が実現できるのだ?」 という問をいったん深く沈ませ、そこから力強く浮上する哲学を持ったクルマだけが生き残る。

 「何か新しい変化が起きている」
 といった意味は、そのような哲学が必要となる時代が訪れたという意味だ。

 では、その 「哲学」 とは何か。

 ある簡易キャンパーを開発したスタッフは、こう言った。

 「このクルマは、2人しか寝られない。 “2名就寝” といえば、今までは夫婦という単位で考えられることが圧倒的に多かった。
 しかし、このクルマは、男親と息子で乗ってほしい。
 男親が、息子に何かを伝えるという精神風土が日本から消えている。
 古い道徳律を持ち出してベタな説教をしても、もう子供たちはそれを聞く耳を持たない。
 だから、父親が無言で運転してもいい。
 そして、たとえば、釣りのポイント近くで車中泊をして、朝には、黙って息子にも釣竿を渡し、自分が釣り糸を垂れる姿を見せるだけでいい。
 その無言のやりとりこそが、実はしっかりした 『会話』 であることを伝えるのが、このクルマだ。
 だから、ある意味で、お母さんも入れた三角形構造の “家族” を拒否するクルマでもあるのだ」

 挑発的で、大胆な発想である。
 しかし、これもまた、ひとつの 「旅の哲学」 に違いない。
 そして、そのような説明を聞けば、確かに目指すべきコンセプトがそのクルマからにじみ出ていることが分かる。

 また、別のビルダーの開発者は、こう言った。
 こちらは、かなり造り込んだクルマである。

 「運転席とリビングは、ウォークスルーできないように仕切ってある。
 リヤゲートを開けても、そこから車内には簡単に入れないように、わざと後ろ側にも壁を作っている。
 つまり、 “便利さ” を追求することとはまったく逆行したクルマである。
 これが常識に反していることは、自分でも自覚している。
 しかし、そのことによって、自動車の “匂い” から完全に解放された一種の 『リゾート空間』 が生まれた。
 旅が日常性からの解放であるならば、キャンピングカーもまた、自動車から解放されなければならない」

 これも 「哲学」 である。
 
 このビルダーは、そのようなコンセプトが常識とかけ離れていることも自覚して、前後の壁を取り払った普通のレイアウトもレスオプションで用意した。
 しかし、それは杞憂(きゆう) に終わった。
 購入したほとんどのユーザーは、ビルダーの 「哲学」 を支持したのである。

リコルソ2

 「車中泊派」 が、キャンピングカーユーザーの予備軍になるのか、ならないのか。
 そんなことを審議していても何も始まらない。

 「このクルマに乗ったら、何が実現できるのか」
 それを明確にコンセプトメイクできたクルマが、結果的に、 「車中泊」 という新しい旅行スタイルを求める人たちの大鉱脈を掘り始めることができる。
 

campingcar | 投稿者 町田編集長 23:55 | コメント(10)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
町田さん、ご無沙汰しています。

おっしゃる通り、もっと“明確で大胆なコンセプト”を持った車が待ち望まれているように思います。
小型キャンピングカーは「非常に限られたスペース」という厳しい条件をクリアする必要があります。ビルダーさんはその条件下で、より良いもの、他社との差別化等々の難問への回答が製品となっています。
結果として、小型キャンピングカーはユーザー、特に入門者層にとって“わかりやすいキャンピングカー”になり販売にもつながっているのだと、私は考えています。
「ユーザーの意見を取り入れて」と言えば聞こえはいいですが、結果は「あれも欲しい、これも欲しい」になってしまいます。普通車のマーケットであれば、マーケティング手法に頼るのもいいでしょう。しかし、キャンピングカーは遊びの道具。車でいえばフェラーリやランボルギーニなのです。作り手の明確なコンセプトこそが、商品を輝かせるのではないでしょうか。

車中泊は必ず少人数でしょうか?

キャブコンには必ず立派なキッチンが必要でしょうか?

ゆったりと眠るスペースを重視、設備は必要最低限、価格も抑える。そんなキャブコンがあってもいいように思います。
投稿者 渡部竜生 2009/09/21 10:28
>渡部竜生さん、ようこそ。
渡部さんのような、プロのキャンピングカージャーナリストから記事を認めていただくなど、望外の喜びです。

おっしゃるように、室内スペースが限定された小型キャンピングカーの場合、その空間をどうデザインしていくかということに対し、日本のビルダーさんは秘術を尽くした戦いを繰り広げているように思います。

そして、そのことが日本のキャンピングカーの独自の完成度を高めていることは、疑いのないことですね。

渡部さんの >「キャンピングカーはフェラーリやランボルギーニである」 という観察は、まったく正しいと思います。つまり、「何かを得るために何かを捨てる」 覚悟を持たなければならないクルマという意味ですよね。

あれもこれも…と、あらんかぎりの装備を求める人は、やがて1台、2台と乗り継いでいく過程で、その空しさを知ることになるでしょう。

マーケティング的に導き出された答よりも、ビルダー自らが 「哲学」 を持ったコンセプトメイクをする。
それが製品としての輝きにつながる稀有な商品が、キャンピングカーであるように思います。
まさに、渡部さんの言うとおりだと思います。
 
投稿者 町田 2009/09/22 00:55
独身の後輩もキャンピングカーに興味があるのですが、まさしくキャンピングカー規格外のハイエースワイドロングでロールーフかせいぜいミドルルーフあたりを狙っているようです。
基準は走り屋的なかっこよさ。
現行ハイエースはエアロパーツなどが結構出回り、若者に支持されていますが、まさにその路線上に「車中泊」できる便利さ、経済性を重ねているようです。彼らに言わせると居住性の高いハイルーフは「かっこ悪い」そうです。
プロファイルとしては、普段は通勤などに使い、仲間とBBQやキャンプもするし、時々は遠出もする、というところです。
キャンピングカーショーでもビルダーの一部がいわゆるカスタムカー仕様のものを展示していますね。
あのあたりが今後若者やニューファミリー層を取り込む突破口になるのではないかと思います。

あるいはパジェロやオデッセイが、セダン・ハードトップが当たり前だった自家用車の世界にRV(広義)の思想を持ち込んだように、メーカーが「車中泊」をコンセプトにベース車両から本気で取り組むような時代も来るのかもしれませんね。
投稿者 2009/09/22 08:49
>雷さん、ようこそ。
キャンピングカーショーに出展されるビルダーさんの中で、京都のアルフレックスさんあたりは、その路線をずっと狙っていましたね。「走り屋」 志向のコンセプトながら、エアロパーツのデザインなども少しおとなし目にして、代わりにブランド力を高め、年齢が少し高めのユーザー層を狙うという戦略です。デルタリンクさんあたりも、この路線に沿ったブランド戦略を進めているところです。

そのような路線のクルマが、現在はまだ若者層だけに指示されているとしても、それが 「美意識」 として定着していけば、それがキャンピングカー全体の方向性を決めていくということも考えられますね。
「車中泊」 に適した機能を持つクルマとなれば、その路線を追った車両の方が汎用性が高いのは事実ですし、雷さんのご指摘のとおり、そういう車両が今後のキャンピングカー開発に 「ひとつの指針」 を与えていくことは確かなことでしょう。

ただ、それとは違った価値観をクルマに求めるユーザーさんもたくさんいらっしゃいますし、仮にカスタムカーテイストの車両を開発していくにせよ、いずれは、そこにおいてのビルダーの 「哲学」 が要求されることにおいては変りがないと思います。

そうでないと、(雷さんがご指摘されたように) 大手自動車メーカーが、「車中泊」 の機能を盛り込んだカスタムカーテイストのおしゃれ車をどんどん開発するようになり、キャンピングカービルダーの造ったクルマは、やがて駆逐されてしまうということも有りえないことではないからです。

だから、量販車しか造れない大手自動車メーカーができないことを、ビルダーさんたちはこれから考えていかなければいけないように思っています。つまりマーケッティングからは割り出せない車両の創造ですね。

雷さんのご指摘は、いつも鋭いところを突いているので、コメントが楽しみです。
 
投稿者 町田 2009/09/22 12:53
非常に興味深い記事を有難う御座います。

あるビルダーさんが突然にTELを掛けて来られてきて
四国八十八け所巡りにレンタカーとして使ってみてはどうかという提案から軽キャンパーを展示してもらい、来場者に感想を聞くと、殆どの方(借りたい・欲しい)が好反応。軽キャンパーでの釣り、写真撮影、旅(孫との旅=イメージは砂の器)、宣伝カー、四国八十八け所巡り、各巡礼地巡りなど。


安・近・短の旅+日常の足(所有する場合)として軽キャンパー>はとてつもない「鉱脈」にあたっているかも知れませんね。
投稿者 マッキー旅人 2009/09/22 17:24
8ナンバーじゃない車は、ボンゴフレンディが生産中止になってからの代替車みたいなイメージがあります。
自動車メーカーから3000台くらいロット生産でポップ車(サブとFF付き)が300万前後くらいで出れば、我々一般庶民にとってはありがたい話かと思います。
正直ビルダーの簡易キャンパーは高すぎます・・・。
投稿者 年収500万以下 2009/09/22 21:17
>マッキー旅人さん、ようこそ。
四国の 「八十八ヵ所霊場巡り」 をクルマで回るという試みが最近は注目されており、そのノウハウを披露したムック本などもあるようです。

ただ、基本的に歩いて回ることを前提としたコースなので、乗用車はいいとして、キャンピングカーでは “きつい” 場所も出てくるという話を聞いたことがあります。カムロードクラスのキャブコンでやっとだとか。

そんなとき、おっしゃるように、このコースにおいては軽キャンパー、小型のバンコン、キャブコンが活躍する場が増えると思いますね。
 
投稿者 町田 2009/09/23 20:33
>年収500万円以下さん、ようこそ。
おっしゃるとおりですね。「車中泊」 という旅行スタイルがしっかり定着するという読みがあれば、300万円前後のポップアップ機構付き “簡易キャンパー” 志向のクルマを大手乗用車メーカーさんが企画してくることは、容易に想像できますね。
だから、ビルダーさんたちは、それと “同じようなもの” を造っていては、今後難しいだろうと思うのです。
自社のクルマを、よその競合他車と比較した場合、「価格だけ」 が勝負ポイントであったなら、量産車を造る体制において、大手メーカーさんには太刀打ちできないわけですから。
…かといって、装備品類やデザインだけで付加価値をつけるには限界がある。
ビルダーさんたちにとって正念場だと思いますね。
 
投稿者 町田 2009/09/23 20:45
先日の東京ビッグサイトのショーには複数の自動車メーカー関係者が来場していましたし、ある会社の“商品企画”の方が直接、私にコンタクトをされてきました。
各メーカー『売れる物』を必死で探していますから、ボンゴAFTのような車が出てくるのも、もしかしたら時間の問題かもしれません。
そうなれば、各ビルダーさんとしては『専門職』の腕の見せ所ですね。
ユーザーとしては、選択肢が広がり嬉しい限りですが…

問題は、インフラ整備とユーザーモラルの向上でしょうか。
投稿者 渡部竜生 2009/09/24 22:08
>渡部竜生さん、またのお越しをありがとうございます。
大手メーカーの商品企画担当者の方々が、渡部さんのようなプロのキャンピングカージャーナリストに直接コンタクトを取ったとなると、いずれはメーカー側からのアクションがあると思って間違いないですね。

おっしゃるように、各ビルダーさんの「専門職」としての腕の見せ所となりますね。

インフラ整備に関しては、逆に大手メーカーさんが動き始めれば、新しい方向が模索される可能性は大ですね。
ユーザーモラルに関しては、JRVAさんが指導できる部分に期待がかかります。
ある意味で面白くなった時代になるのかもしれません。
いつも勉強になるコメントをいただき、感謝しております。
 
投稿者 町田 2009/09/25 01:56
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ホビダス[趣味の総合サイト]