町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

凄いタレントたち

 おお、凄いな…と、最近ちょっと感心しているタレントさんを二人ばかり。
 一人は、爆笑問題の太田光さん。 

爆笑問題2

 これは、たまたまなんだけど、11月23日、爆笑の二人が京都大学の教授たちや学生さんたちと討議する 『爆笑問題のニッポンの教養』 (NHK再放送) と、続いて、…これも、たまたまなんだけど、25日に、早稲田大学の学生さんや教授たちと討議する同シリーズの 『平成の突破力』 というのを見て、あらためて太田光さんて、「やるぅ~」 と思ってしまった。

爆問笑問

 二つとも、実にシンプルなトーク番組だった。
 太田光さんが学者さんたちに咬みつき、学者さんたちが反論し、聴講していた学生たちが感想を述べる。

 単にそれだけ。

 太田さんは、いつもの当意即妙の “はぐらかし” を披露するわけでもなく、お茶目な “悪ノリ” を見せるわけでもなく、ただ、ムキになって真面目なことを、クソ真面目に語っていた。

 その態度には、ちょっと自分の知的レベルを鼻にかけて威張っているような気配も漂うし、発言内容も 「アオい」 「クサい」 。
 話す言葉も明瞭でなく、何をしゃべっているのか、よく分からない。

 ……が、「何を伝えたいのか」 が、実に強くこちらに向かって発信されてくるのだ。

 お偉い学者さんや頭のいい学生さんたちを相手に、おそらく読書も好きであろう太田さんなら、学者さんたちが好む言葉を使った効率のいい議論の進め方も心得ているはずだ。

 しかし、彼はそれをやらない。
 あくまでも、日常生活の中にどっぷり浸かった平易な言葉で、…つまり  「辞書」 を引かなければならないような言葉を一言も使うことなく、彼は、まだみんなの考えていないようなことを、一生懸命表現しようとしていた。

 ちょっと知的な言辞やレトリックを心得ている人だったら、きっと太田さんの弁舌は、いたずらにもどかしく、幼稚で、不恰好に見えたはずだ。

 だけど、「誰でも使える言葉」 で、「誰も考えたことのない意見」 を伝えようとした太田さんは、“思想” の生まれるスリリングな瞬間を独占していた。

 「きっとあとね、何十年、何百年経ったら、それは凄いコトでも何でもなくて、誰もがみ~んな当たり前のコトだと思うような時代が来ると思うんだけど、俺って、そういうのイヤなの。
 いま凄いコトを実感したいわけよ。分かる? あ~、俺、凄いコトに直面しているんだっていう実感が欲しいわけよ」

 ってな調子で、太田さんは語る。
 上のトークは、今とっさに思いついた “創作” だけど、たとえばこういう調子で語るとき、彼は 「凄いコト」 が何なのか? …などと説明することなく話を進めていくので、聞いている人間には、具体的なことが分からない。

 だけど、気分として、彼の伝えたいことは熱い波動となって、ビンビンとこちらに押し寄せてくる。

 発言の結末がどうなるのか。
 それは、しゃべっている太田さん自身にも、まだ見えていないのかもしれない。
 だけど、聞く人間は、彼の思考の軌跡を同じタイミングでたどるというライブ感覚を味わえる。

 ジャムセッションの面白さだ。

 たぶん、釈迦もキリストも、簡単な言葉を使っただけなのだ。
 その簡単な言葉で、いままで誰も考えなかったようなことをしゃべった。
 だから、説法を聞いていた誰もが、その場の雰囲気に乗せられて考えた。

 そうやって、新しい思想が生まれていった。
 太田光さんのやろうとしたことは、それに近いものなのかもしれない。


 もう一人、凄いなぁ…と思ったのは、ベッキーさん。
 これも、たまたま 『古代ローマ大発掘スペシャル』 (25日夜の日本テレビ) を見ていたときに感じたことだ。

ベッキー2

 彼女はレポーターとして、ベスビオ火山の噴火によって埋もれた古代都市ポンペイの町を訪れた。

 ガイドを務めるイタリア人スタッフが、ポンペイの住民がどのような死に方をしていったのか、彼女に説明する。
 その中に、家族の安否を気づかい、噴煙による窒息の苦痛をこらえながら、上半身を立てたまま息絶えた (と推測される) 父親の石膏像があった。

 その姿を見て彼女の目から涙が流れる。

 たぶん、これを 「あざとい演出」 として嫌う視聴者が多かったろうと思う。
 自分も普通だったら、こういう安直な 「お涙ちょうだい」 的視聴率稼ぎにうんざりしていたと思う。

 だけど、この涙のタイミングは見事だった。
 演技では、こういうタイミングでは泣けない。

 たぶん、ごくごく単純に、(たとえ設定が虚構であったにせよ) 、彼女はその家族を襲った悲劇にストレートに感情移入できたのだ。

 甘っちょろいセンチメンタリズムをそこに読みとるのは間違っている。
 そこには、悲劇をしっかり悲劇として感受できる、きわめて高度で知的な感性が存在していた。

 これは、ベッキーならではのものだと思った。
 そこには無知から来る素直さとは別の、洗練された素直さがあるような気がした。
 たぶん、他の女性タレントが同じ反応を示したら、自分は 「アホらし」 と思ってチャンネルを変えていたかもしれない。

 そうさせない 「涙の力」 というものを、このタレントは持っている。
 今までファンでも何でもなかったのに、ちょっとした発見だった。

 バカバカしいバラエティ番組ばかりはびこっているように思える今日このごろだけど、着実に良いタレントは育っている。
 少しだけうれしかった。

コラム&エッセイ | 投稿者 町田編集長 00:32 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
 もしも、それを仮に作家目線や、タレント目線で見た場合。例えば、自分で解ってることを、わかりやすく、自分のパーソナリティーにあわせた表現をするには。

 それを実践することで、やはり伝わり易さに繋がると思うし、何故伝わりやすいかと言えば、面白くて興味を引くからだと思ってます。

 何となくだけど思うことが、映像表現も、文字表現も同じだと思うけど、難しい言葉を使って、「勉強してないバカな奴は、勉強し直してからまた来なさい」って態度で物を作ってしまったら、商売にならないし、話題にもならない。

 そこで突っぱねる理由に、「この番組の内容は、最低限度の教養を持っていないと解らない内容の番組。バカは見るな」

 っていってしまったら、本当に誰も見ないかも知れない。そこでエンターテイメント性のない物を作ってしまうという、身も蓋もない話になってしまうし。

 多分、見てないから何とも言いづらいけど、この討論会の趣旨も爆笑問題が登場するってことは、漠然とした「教養」に対して、興味をそそる入り口としての役目が大きいんじゃないかとか、私も勝手に考えたりします。

 内容的に大体想像できるのが、明日女の子と合コン、カラオケに誘うために、面白いけど意味のない話を、ぶっつづけで5時間話せる能力があるんだったら、その中に教養の一つや二つも入れて良いんじゃないの??

 みたいな振りで、

 でも、別に合コンに誘うんなら、大学の知識いらないし。

 みたいな切り返しのネタのような・・・。

 そこで、ちょっと考えてみたいのが、売れてる人はそうやって、自分のパーソナリティーを使って色々と話を面白くさせて商売できてると思うけど、逆に売れない人は何故売れないのか。

 簡単に言うと、つまらないから。

 編集部の関係者の方であれば、必ず一週間に1回は見ると思う、タレントのプロフィール。あの、バストアップの写真の横に、芸名、所属が書いてあって、スリーサイズとか記載してある奴。一目で面白いなあって感じる人と、一目でつまらないなあって感じる人。

 その違いはどこからくるんだろうって所。でも、一目で、「面白い」「つまらない」って感じた人のプロフは、誰が見てもそう感じる物で。

 その違いを本人が自覚できるかどうかが、タレントとただのエキストラの分かれ目じゃないかなあって思うんです。
投稿者 ミペット1号@試作品 2008/11/28 10:26
>ミペット1号@試作品さん、ようこそ。
>「タレントとただのエキストラの分かれ目…」 というご指摘は、なかなか考えさせるものを含んでいますね。

これに関しては、ミペットさんがご自分のブログで解りやすく解説されていたと思うのですが、要は 「プロを目指すのであれば、自分の売りになるものに自覚的であれ」 ということですよね。

その人の芸を見るためなら、お金を払ってもいいという気持ちにさせる何かがないと、やはりプロにはなれないということなんでしょうね。

では、その 「芸」 は、どうやって養われてくるのか。
身も蓋もない言い方をすれば、やはりそれは 「真面目さ」 から来るものだという気がします。

「お笑い」 というのは、どこか不真面目な気質から生まれてきそうに思われがちですが、それはとんでもないことで、基本は、世界を真面目に見つめる態度から生まれてくるものだと思っています。

太田光さんという方は、不器用なくらい真面目な方なんだという気がします。
その真面目さが、尋常ではない。
普通の人が見逃してしまいそうなものまで、真面目に見つめてしまう。ちょっと 「狂気」 に近い真面目さですよね。
彼の 「笑い」 というのは、そこから生まれてきているような気がしてなりません。

ミペットさんのご指摘は、いつも考えさせるものをたくさん含んでいますね。
それがいつも、心地よい刺激になっています。
投稿者 町田 2008/11/29 01:29
 町田さん

 そーだと思います。大体の人が、登録料払って、事務所に入れば、衣装はマネージャーが用意してくれて、専属の作家かが色々とネタを考えてくれて、コントの台本なんかは、自分みたいな素人が考えてもどーせ笑いとれないんだから、脚本家の人が書いてくれる。自分はカメラの前で台本通りでるだけで良い。

 って思ってる人がとても多くて。

 しかし、そんな芸能事務所は、何処にもないし。

 仮にそういう状況を作ったとして、彼らに

「何が出来るんですか」って言われたときに、
「何でも出来ます」ってよく言うけど、それじゃあ答えになって無くて。

 そういう人と、自分を比べたときに「同じじゃダメだ」って思えるかどうか。

 それと差別化できる人って、やっぱりまじめな人だと思うし、私も、逆にまじめじゃなきゃ出来ない仕事だと思います。
投稿者 ミペット1号@試作品 2008/11/29 09:35
>ミペット1号@試作品さん、ようこそ。
「芸能界に入るのは簡単だ」 という意識を持っている人はやはり多いのでしょうか。
そうだとしたら、やはり何か違いますよね。

特に 「お笑い」 の世界というのは厳しくて、少なくとも自分でコントを書けるぐらいの力量がないと、仕事も継続していかないように思います。
ミペットさんのおっしゃるように、やはり 「まじめ」 であることをバカにしてはいけませんよね。
投稿者 町田 2008/12/01 00:09
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]