町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

吉行淳之介の洒脱

 村松友視氏の 『淳之介流 やわらかい約束』 (河出書房新社) という本が登場したせいか、ここのところ、ちょっとした吉行淳之介ブームだ。

淳之介流
 
 期を同じくして、ちくま文庫からも、彼の生前最後の単行本となった 『懐かしい人たち』 というエッセイ集が文庫化されたという。

 いろいろな雑誌でも、彼の若い頃の写真が掲載され、本人のことを知らない女性たちからも、
 「あら、いい男」
 などと評判を取っているという話も聞く。

吉行画像

 しかし、今、この作家の名前を知っている若い人がどれだけいるかというと、ほとんどの人は知らないように思う。
 女優の吉行和子さんのお兄さんであるといった方が、まだ、通りがいいかもしれない。

 村上春樹は、10年ほど前に、『若い読者のための短編小説案内』 で、吉行淳之介の 「水の畔り」を採りあげたが、そのときすでに、大半の若い読者は、村上春樹は読んでいても、吉行淳之介の本など読んだことがなかったらしい。

 もっとも、吉行淳之介という作家は、いちばん知名度が高かった時代においても、読者によって好悪の感情がはっきり分かれる人だった。

 よく思わない人は、教育関係者やPTA職員などを務める人に多かった。
 なにしろ、娼婦の館に入りびたる主人公を描いた小説で、芥川賞を取った作家である。
 作品世界には、「性」 を商いとする女性たちが数多く登場する。
 そこには、「愛のないセックス」が描かれることも多い。

 当時、ヨシユキといえば、今でいうフーゾクの最先端を描く作家というイメージが一部にはあった。

 実際、読んでみれば、小説の舞台はそういう場所であっても、描かれる世界はまったく違うものであることはすぐ分かる。
 作品を読んだ人と、読まずに先入観で判断した人との間に、これほど評価の差がついた作家は、そう多くはあるまい。

 私は中学生の頃、この作家に夢中になり、カノジョすらできないうちから、「女性の言動とその心は、往々にして裏腹である」 などということを理解する小生意気な少年になった。

 もっとも、ガキの精神状態で、男と女の世界が本当に理解できるわけはなく、
 「男は、本当にホレた女の前では、何もいえなくなってしまうものだ」
 という、ごく当たり前の一般論を、さも吉行淳之介の作品から勉強したように錯覚していたに過ぎない。
 
 少年だった頃の私には、吉行淳之介の小説というのは、男と女の間に緊張の糸が張りつめたとき、その糸の強さ、弱さ、美しさ、切なさなどを描き分ける小説のように思われた。
 そして、カノジョができるような年頃になってからは、彼の作品は恋のノウハウを伝授する指南書として機能した。

 しかし、「それは違うのよ」 と、語ってくれた女性がいる。
 社会学者の上野千鶴子さんだった。
 「吉行淳之介の作品から、女を学ぶことは難しい」
 という。

 20年ほど前だったか。
 自動車メーカーの広報誌を編集していた私は、自動車評論家の舘内端さんと上野さんの対談を企画したことがあった。

 当時、上野さんは京都にお住まいだった。
 対談が終わって、京都行きの新幹線に乗る時間が来るまで、私は、新横浜近くの喫茶店で、上野さんに雑談のお相手をしていただいた。

 なぜか、吉行淳之介の話題になった。
 上野さんがいうには、
 「彼は、男と女の関係を上手に書く作家だという定評があるけれど、彼の描く世界に女は存在しない。
 描かれているのは、すべて男の自意識ばかり。女性を書けない作家である」
 当時、バリバリのフェミニストとしてならしていた上野さんらしい発言だった。

 「なのに、頭が良くて、感性の鋭い男ほど、吉行マジックにだまされてしまう」
 彼女はそう言って、私に苦笑いを投げかけた。
 それは、私に対するお世辞のようにも取れ、少しうれしいような、複雑な気分になった。

 その言葉で目が覚めたというわけではないが、その頃から、吉行淳之介は私のアイドルではなくなった。
 でも、その後も、あいかわらず私に影響力を与えつづけた作家であったことにはかわりない。

 今、また巷で 「吉行復活」 の声が流れるたびに、こういう作家は、もうこの世に出てくることはあるまい、という気持ちを新たにする。

 彼は、作品を離れた人間として評価されるとき、「粋」 だとか、「洒脱」、「都会的」 などとという修辞語で飾られることが多い。
 しかし、「粋」 とか 「洒脱」 とかいう感覚は、その感覚が人々の共有財産として生きていた時代が終われば、消える。

 吉行本人も、よくエッセイで書く有名な話がある。

 ある酒場で、1階から2階へ上がるとき、吉行淳之介は、1階で客の相手をしていた馴染みのホステスのお尻をそぉーっと撫でてから階段を上がった。
 しばらくして、その撫でられたホステスが、2階に駆け上ってきて大声を出した。
 「さっき、私のお尻を撫でたのは誰?」

 彼女は、抗議に来たわけではない。
 「あんなに上手に触る人がどんな人なのか、確かめに来たの」
 というわけだ。

 「女性のお尻の触り方は難しい」 と、吉行は書く。
 「腿 (もも)、膝 (ひざ) 3年、尻8年」とも。
 
 「桃、栗3年、柿8年」という標語をもじったダジャレだ。
 女性の腿と膝を触って、相手をうっとりさせるには、3年の修行が必要。
 お尻はさらに難しく、8年かかる、というのである。

 だが、このような話は、もう現代では通用しない。
 セクハラか、痴漢以外の何ものでもない。
 このような冗談話を、みんなで笑える土壌というものが、今はない。
 
 しかし、この感覚が、男にとっても女にとっても 「洒脱」 だと感じられた時代が過去にはあったのだ。
 そこには、大人の笑いというものがあったように思う。

 
 「ちょいワルおやじ」 のブームで、遊び心をわきまえたお洒落なオヤジというのが、あいかわらず脚光を浴びている。
 しかし、吉行淳之介的な 「洒脱」 というのは、それらの 「ちょいワルオヤジ」 のお洒落とは永遠に交わることはないだろう。

 「ちょいワルおやじ」 系メディアが、どこかで家庭外恋愛をほのめかしたとしても、それは、社会が許す規範のなかでの逸脱だ。

 吉行淳之介的な逸脱というのは、 「社会」 と 「反社会」 のはざまにある。
 社会の規範などという退屈なものは、まっぴらご免。
 しかし、その規範に真っ向から非難を浴びせたりするのは、さらにヤボ。

 彼は、1960~70年代の、世の中の成長神話に与することもなければ、それに異を唱える 「進歩的文化人」 の仲間に名を連ねることもなかった。

 「右」 でも 「左」 でもなく、「社会」 でも 「反社会」 でもない、綱渡りするようなポジショニングを見出し、その綱の上で遊ぶことが、吉行淳之介の 「洒脱」 であったように思う。

 彼にとっての 「洒脱」 は、「恥を知る」 ということであったが、その 「恥を知る」 という心境を、直接的なメッセージとしてではなく、小説などでコソッと打ち明けるところに、彼の独自の境地があった。

 自分の思想を声高に発表することが、知識人としての使命と信じられていた60~70年代。
 彼は、そのような進歩的文化人たちに対し、心の中で、「恥を知れ」 とつぶやいていたような気がする。

 こういう感性をもっている人を、現役のモノ書きのなかに探すことは、非常に難しい。

 吉行淳之介が再び採りあげられる時代が来たということは、逆にいえば、吉行的な生き方が存在する余地が完全に失われた時代が来た、ということかもしれない。

 なくなったからこそ、見えてくるものもあるのだ。

音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 17:01 | コメント(0)| トラックバック(1)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

村松友視の「淳之介流・やわらかい約束」を読んだ!

「今、なぜ吉行淳之介なのか?」。本の帯には以下のようにあります。性を通して人間の本質を追究し、文壇の第一線をた作家・吉行淳之介。ダンディズムの奥底にあるしたたかな色気と知られざる魅力。その作品と人物像の行間を炙り出す渾身の書き下ろし! 村松友視の

とんとん・にっき 2007/08/04 11:11
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 6月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]