町田の独り言 キャンピングカーのガイド本を編集する町田が語るよもやま話

最近の記事
新ブログのご案内
04/28 17:06
久々の更新です
04/27 19:06
3・11以降
04/12 09:56
人類に残された資源
04/05 10:18
ザ・ウォーカー
04/03 00:53
島尾敏雄・贋学生
04/02 03:45
日本人は変わるか
03/31 01:36
渚にて
03/26 02:03
テレビは終わった
03/23 00:23
明かりの果ての闇
03/21 08:05
東電を怒る父さん
03/18 17:00
深い言葉
03/16 09:53
何かが変わった
03/15 00:06
災害時のキャンカー
03/13 16:18
大地震
03/12 13:16
ジュリアンオピー
03/11 02:35
親孝行ビジネス
03/08 20:02
OMCの北斗
03/07 00:18
アレクサンドリア
03/05 15:49
AtoZのバンビ
03/03 20:36
かるキャン
03/02 18:39
ハーレーの魔力
02/28 21:59
パークウェイ
02/23 18:59
CG880
02/20 13:11
忙しいぞぉ!
02/18 22:01
都市型キャンプ場
02/09 23:55
ファビュラス日本
02/07 19:32
老人の孤独
02/06 20:36
「都会」 の匂い
02/05 01:53
エジプトでは何が?
02/04 15:44
同人雑誌仲間
02/03 00:20
自己啓発ビジネス
02/01 02:10
ノスタルジー
01/30 05:23
夫婦の会話の危機
01/28 23:58
その一服は必要か
01/24 23:40
荒野の炎
01/23 19:43
山口冨士夫の精神
01/22 03:11
焚き火で育つ感性
01/20 19:55
キャンカー1人旅
01/19 01:37
車中泊の社会実験
01/17 15:40
個人の時代
01/16 11:50
細くなるネクタイ
01/13 20:32
映画アバター
01/12 20:07
若者の考える商売
01/11 14:36
パリッシュの絵画
01/09 04:00
300万アクセス
01/08 12:15
不思議な青空
01/07 21:04
TV・新聞の凋落
01/06 19:44
中国ルネッサンス
01/05 20:19
ベルイマン・沈黙
01/04 21:33
出来事いろいろ
01/03 02:43
謹賀新年
01/01 00:48
オールドマン
12/30 18:53
好奇心の力
12/29 14:28
「孤独死」の原因
12/27 20:17
廃墟のある島
12/26 02:48
遠いクリスマス
12/25 01:06
ロビン・フッド
12/24 03:48
地獄の電車
12/23 11:35
バッグス・バニー
12/22 02:59
正義の話をしよう
12/19 23:46
空気人形
12/18 13:10
ジジイ同士の酒
12/17 04:32
世界ゲーム革命
12/14 02:47
ハイマー懇親会
12/13 16:11
ガールズキャンプ
12/12 23:48
イタリアをめざせ
12/10 15:15
外来種の驚異 Ⅱ
12/09 00:41
外来種の脅威とは
12/08 20:46
Kポップの台頭
12/07 01:19
うつろひ
12/06 01:21
海老蔵さんの悲劇
12/05 01:07
追悼ジョンレノン
12/03 04:52
「個性化」のワナ
11/30 04:13
戦うブログ
11/29 04:09
子供の自然体験
11/28 04:50
RV好きの芸能人
11/26 01:01
胃の中にヘビ
11/25 16:12
消えた秋
11/22 14:14
歌謡ブルースの謎
11/20 04:29
おひとりさま時代
11/19 00:33
3行で総てを語る
11/18 00:15
塔の形而上学
11/17 02:04
裕次郎スナック
11/15 23:10
自然は子供を養う
11/12 20:28
おれ、ねこ
11/10 01:19
NHK車中泊報道
11/09 17:17
お台場パラダイス
11/08 20:34
伝える力
11/05 00:12
お台場ショー迫る
11/04 02:02
昔は戻らない
11/03 02:11
電子タバコ
11/02 00:04
一般国道の不思議
10/29 18:25
酒場放浪記
10/26 22:25
名古屋RVショー
10/25 19:25
ハイマーカー322
10/21 12:31
猫会議
10/21 00:05
飽きるという知恵
10/20 01:28
ロボット兵器
10/19 02:52
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 00:01
はじめまして~文…
すまそ 05/08 16:44
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 13:47
>TJさん、ようこそ…
町田 04/28 12:06
便利+楽=快適、これ…
TJ 04/28 10:05
町田さん久しぶり…
motor-home 04/28 06:07
やはり、時代の変化・…
TJ 04/21 02:27
私はこのところ「自然…
磯部 04/12 14:52
>aki さん、よう…
町田 04/12 10:18
何度も投稿ボタンを押…
aki 04/08 10:57
>aki さん、よう…
町田 04/08 09:13
今のVWに乗り換える…
aki 04/07 15:19
>雷さん、ようこそ。…
町田 04/06 15:20
>ミペット@倉庫の肥…
町田 04/06 13:46
>JoeCoolさん…
町田 04/06 11:06
キャンピングカーは、…
雷 04/05 21:37
率直に言うと、研究所…
ミペット@倉庫の肥やし保存中 04/05 20:10
町田さま度々失礼…
JoeCool (in Peanuts) 04/05 12:56
>aki さん、よう…
町田 04/05 11:14
今のこの国の空気、ど…
aki 04/04 10:32
>solocarav…
町田 04/01 11:08
>JoeCool さ…
町田 04/01 10:32
>ムーンライトさん、…
町田 04/01 09:56
>赤い屋根さん、よう…
町田 04/01 08:53
「心に届く言葉」・・…
solocaravan 03/31 23:23
今回のように社会全体…
雷 03/31 23:05
米国では9.11の前…
Jo 03/31 11:21
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:19
米国では9.11の前…
JoeCool 03/31 11:05
そうだ、普遍性だ。…
ムーンライト 03/31 09:31
町田さんおはようござ…
赤い屋根 03/31 07:50
>おおきに! さん、…
町田 03/30 15:47
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:57
>雷さん、ようこそ。…
町田 03/30 14:33
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/29 08:29
今回の震災では、各局…
雷 03/28 21:22
本作品のリメイクであ…
雷 03/28 21:09
>おおきに! さん、…
町田 03/23 19:54
町田編集長さん こん…
おおきに! 03/23 07:48
>s-_-s さん…
町田 03/23 01:19
>ムーンライトさん、…
町田 03/23 00:46
人間は電気によって闇…
s-_-s 03/22 22:55
追記です。先ほど…
ムーンライト 03/22 14:24
数日前、市内の大型ス…
ムーンライト 03/22 12:24
>ブタイチさん、よう…
町田 03/22 03:09
お久しぶりです。町田…
ブタイチ 03/21 22:54
>鈴木様、ようこそ。…
町田 03/19 23:12
>ムーンライトさん、…
町田 03/19 22:35
今日、店からはじめて…
デルタリンク宮城 03/19 19:40
この「東電を怒る父さ…
ムーンライト 03/19 11:45
>ゆんたさん、ようこ…
町田 03/19 09:11
言葉に出して誰かに代…
ゆんた 03/19 07:50
>鈴木 様本当に…
町田 03/18 00:00
町田さん、ご心配あり…
デルタリンク宮城 03/17 20:52
>鈴木様コメント…
町田 03/17 16:04
>TOMYさん、よう…
町田 03/17 14:39
町田さんこんにちは。…
デルタリンク宮城 鈴木 03/17 11:32
こんばんは、町田さん…
TOMY 03/16 20:23
世界中に5億人を超え…
フェイスブック 03/15 11:30
>s-_-s さん、…
町田 03/14 00:28
町田さんご無事で何よ…
s-_-s 03/13 22:55
>ムーンライトさん、…
町田 03/12 17:43
町田さん。ご無事でし…
ムーンライト 03/12 16:25
>YAMAさん、よう…
町田 03/12 13:33
シンプルな風景画、い…
Yama 03/11 12:14
>渡部竜生さん、よう…
町田 03/10 02:33
>キャンピングカーと…
渡部竜生 03/09 14:02
>スパンキーさん、よ…
町田 03/08 19:22
いいですね、北斗。久…
スパンキー 03/07 13:52
>マッキー旅人さん、…
町田 03/03 22:45
町田さん、今日は。…
マッキー旅人 03/03 16:23
>ムーンライトさん、…
町田 02/28 22:42
町田さん。アマゾ…
ムーンライト 02/24 10:29
>渡部竜生さん、よう…
町田 02/19 05:42
>小平の福ちゃん様、…
町田 02/19 05:31
>matsumoto…
町田 02/19 05:18
>solocarav…
町田 02/19 05:03
>el さん、ようこ…
町田 02/19 04:50
>旭川の自称美女さん…
町田 02/19 04:14
幕張ではお世話になり…
渡部竜生 02/19 00:58
ご無沙汰しております…
小平の福ちゃん 02/19 00:03
お久しぶりです。ma…
matsumoto 02/14 07:35
ぜひ実現させたいアイ…
solocaravan 02/11 20:59
だいぶ経ってからのコ…
旭川の自称美女 02/11 11:51
町田さん、こんにちは…
el (エル) 02/11 11:11
>TOMY さん、よ…
町田 02/10 00:21
こんばんは、町田さん…
TOMY 02/09 21:45
>ムーンライトさん、…
町田 02/09 15:38
>ゆんた さん、よう…
町田 02/09 14:48
>Joe Cool …
町田 02/09 13:46
>磯部さん、ようこそ…
町田 02/09 11:54
「ゆんたさん」の文章…
ムーンライト 02/09 11:46
>TJさん、ようこそ…
町田 02/09 11:22
色々なことを考えまし…
ゆんた 02/09 06:36
同居していて5年前に…
JoeCool 02/08 16:01
最初に、このブログを…
磯部 02/08 05:14
写真で見る限り「FA…
TJ 02/07 21:20
>aki さん、よう…
町田 02/03 00:58
人生にドーピングはな…
aki 02/01 10:07
最近のトラックバック
ザ・バンド
12/11 09:46
鉄道の魅力、立体的に
09/10 07:38
関越高速道・・・寄居…
07/24 09:18
女性目線で見たキャン…
03/05 10:18
かるキャン 画期的な…
02/26 06:14
「くるま旅くらし読本…
02/06 10:22
言葉にならない
01/13 20:10
電動ポルシェ!?その…
10/31 09:50
路地裏
08/18 09:49
「すべての男は消耗品…
08/17 20:24
ガマの油
06/15 21:53
「ガマの油 」ちょっ…
06/15 07:58
52nd
04/25 21:52
007 カジノ・ロワ…
02/02 01:18
関西(大阪・京都・神…
01/30 05:21
【ネットができる宿|…
01/05 19:52
4輪&2輪
09/22 16:41
『秘伝 大学受験の国…
09/19 03:09
LPガスボンベ
07/26 11:37
ロス
05/28 22:39
テスト
05/28 22:36
大阪キャバクラnig…
04/26 20:37
キャバクラ/ニューク…
04/09 17:32
キャバクラ嬢ご用達し…
03/14 14:32
気になるキャンピング…
03/08 07:08
キャバクラ求人-Ag…
02/23 14:41
キャバクラ情報誌クラ…
02/22 19:14
No6 LPガスの充…
02/14 14:47
大阪キャバクラブログ
01/20 21:35
御当地!プルバック・…
12/20 00:53
カップヌードル
08/09 01:54
【キャンピングカー】…
08/05 16:23
【キャンピングカー】…
08/05 16:20
村松友視の「淳之介流…
08/04 11:11
荒井千暁著『職場はな…
06/29 22:35
元ちとせ/千の夜と千…
04/15 01:55
軽自動車エッセのうる…
03/26 08:21
カーナビの渋滞回避?…
03/10 20:07
車中泊なら虫の心配い…
03/07 18:35
こんなキャンピングカ…
03/07 03:56
キャンピング&RVシ…
03/02 01:17
キャンピング&RVシ…
02/23 18:45
キャンピング&RVシ…
02/18 06:43
キャンピング&RVシ…
02/17 00:23
ZECC(ゼック) …
02/15 23:27
トイレどうする?
02/15 10:25
キャンピング&RVシ…
02/10 21:46
新古車
02/04 17:19
軽自動車キャンピング…
01/25 13:10
ブレードランナー
01/14 12:03

司馬文学のリズム

 司馬遼太郎の文体は、ロックンロールだ。
 黙読していても、言葉の転がり方が、実に軽快だ。
 読んでいると、気分がうきうきと高揚し、血液中のアドレナリンが毛穴から、いっせいに吹き出して来るような錯覚に襲われる。
 たとえば、こんな感じ。

……元亀元年二月。
  城下にえたいの知れぬ男が入ってきた、といううわさは、その日のうちに広まった。
  いやもう、傍若無人。
  ちょうど城外の長良川畔で、諸国の博労 (ばくろう) があつまる馬市が立っていたが、
  「この馬はなんぼじゃ」
  と、その怪漢が野太くきいた。
   金二枚よ。
  と、博労がいうと、「やすいのう。あとで旅館へ曳いてこい。あまりは
酒でもくらえ」
  と、むぞうさに金をつかみ出し、なんと金で五枚、ちゃらりと投げ捨て
た。
  (狂人か)
  と、みな思ったのはむりはない。

尻啖え孫市」本

 雑賀孫市の活躍を描いた 『尻啖え (くらえ) 孫市』 の書き出しである。
 冒頭の2~3行から、もうこの作者ならではの、独特のリズムがある。

……元亀元年二月。

 という体言止めで終わる短いフレーズをポンと投げて、後はあっさり改行している。
 このわずか7字だけ突出した書き出しは、後に続く言葉と断絶している分、響きが新鮮だ。
 まるでギターがイントロのワンフレーズを弾いたあと、ふっ、と一呼吸おいてリズムセクションがスタートするというような、あのモダンブルースの小気味よさが出ている。

 次に続く文にも仕掛けがある。

……城下にえたいの知れぬ男が入ってきた、といううわさは、その日のうちに広まった。

 何の変哲もない文だが、よく注意すると、
 「入ってきた」 と 「といううわさ」 の間に、えもいわれぬタイミングで、読点がポツンと入っている。
 些細なことだが、ここで、ロックンロールのアフタービートのような“タメ”が生じているのだ。

 アフタービートとは、4拍子の3拍目に強拍を置いた黒人音楽独特のリズム形式だが、その効果は舞踏性をもたらすことにある。
 リズムに 「ねばり 」 と 「揺れ」 が生まれるのだ。

 つまり、マーチのような2拍子型のリズムが、頭に強拍を置くことで、大地を前進していく水平感覚を呼び起こすのに比べ、後ろにアクセントが来るアフタービートは、聞く人間に上下動感覚を呼び起こし、ダンスに臨むような気分をもたらせてくれる。

 司馬遼太郎の文体は、読む人間に、体が踊りだすような躍動感を呼び起こすという意味で、このアフタービートのバイブレーションを持っている。

 その心地よい刺激に、ときどきシンコペーションやブレイクというアクセントが導入され、変幻自在な変化の妙を見せる。

 さきほどの引用文では、
……いや、もう傍若無人。
 というところが、ブレイクに当たる。

 ここで、リズムがスパっと途切れ、聞かせどころのワンフレーズが朗々と響きわたるという計算がなされている。
 『尻啖え孫市』 の書き出しは、ロックンロールの古典 「ロングトール・サリー」 のメロディに乗せて朗読しても、きっと合うはずだ。

 司馬さんが、なぜそういう文章の音響効果に、独特のセンスを発揮できたのか。
 ひとつのヒントがある。
 若い頃、岩波文庫の 『歎異抄』 を、声を出して読んだそうだ。

 「はじめは目でよんでいたんです。そうしましたら、さっぱりわかりませんね。あるとき音読したら、よくわかった。なるほど昔の人は音読していたんだ、ということに気がついて、その後ずっと音読でやりました」 (文春文庫 『手掘り日本史』 )

 つまり、目で読むと、論理的・知的に理解しようとする心が働くから、文の行間にある<ひびき>というものにまで、注意が届かない。
 しかし、<ひびき>を伴なったとき、はじめて書物から伝わってくるものがある。
 そういうことらしい。

 このあたりに、司馬文学の独特のリズム感が生まれてくる秘密がありそうだ。

 よい作家になるための条件はいろいろあると思うが、
 「耳がいい」
 ということも、その一つに入るのではなかろうか。
 彼の使う擬態語を調べてみると、いずれも普通の人間の耳ではとらえられない不思議な音を拾っている。

 「鉄砲の音が、山腹ではねかえり、しゃああん、と反響した」
 「金を、ちゃらりと投げ捨てた」
 「ホタ、ホタと膝をうった」

 どれもありきたりの擬態語のようでいて、類例がない。
 鉄砲の音が反響するなら、普通は 「しゃーん」 であり、「しゃああん」 と 「あ」 を二つ続けない。
 また、金が落ちる音は、せいぜい 「ちゃらん」 だろう。
 ハタと膝をうつ、という言葉はよく聞くが、「ホタ、ホタ 」 という音は聞いたことがない。

 「しゃああん」
 「ちゃらり」
 「ホタ、ホタ」

 このような、独特のオリジナル擬態語を創造できる力というのは、日常の中の音を拾うセンスに長けているということであり、それはとりもなおさず、「耳のよさ」 を証明することになる。
 よい音楽家の条件のひとつに、「耳のよさ」 があるとしたら、司馬遼太郎は、音楽家になっても、一流になっていたかもしれない。

 司馬さんは、「独自の史観をうち立てた作家」 として、理念的なとらえ方をされることの多い人だが、見逃していけないことは、ロックンローラーとしての司馬遼太郎であり、ポップミュージシャンとしての司馬遼太郎である。

 関連記事 「斎藤道三の最期」
 関連記事 「テロリスト歳三」

音楽&映画&本 | 投稿者 町田編集長 19:44 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
文学のリズムは『欲望』の満たし方によっても違ってくるようにも思います!!人生の流れに逆らわずに生きながら自分を極限にも追い込む、ロックな生き方です!!
投稿者 TJ 2007/01/26 22:25
すごい! TJさんって、ひょっとしてエディターとかライターとかもやっている方ですか?
>「文学のリズムは『欲望』の満たし方によっても違ってくる」などという表現、そうスラリと出てくる言葉ではないように思えるのですが。
>「流れに逆らわず、自分を極限に追い込む」などというのも、宮本武蔵なんかが言いそうな雰囲気の言葉ですね。それが「ロックな生き方」だなんて、素敵です。
投稿者 町田 2007/01/27 01:20
 「司馬遼太郎 文体」という検索で調べものをしていたら、偶然このサイトに引っかかりました。ずいぶん古い記事なので、今さらコメントするのも恐縮ですが、とてもユニークなご意見で、結構面白く拝読いたしました。学術的な文体論からするとちょっとどうか、と思えるところもありますが、読み物としては説得力を感じました。他の司馬作品も、このアプローチでチャレンジしてみてください。期待しています。
投稿者 kiuchi 2007/07/07 14:41
kiuchi様 
何か過分なお褒めを頂いたような気がして、こちらこそ恐縮してしまいます。
「読み物」のつもりで書いたものですので、そこをお汲み取り頂いただけで、もう感激です。
>「他の司馬作品も…」とのことですが、とてもとてもそのような力はありません。
今後ともご指導を賜ることができましたら幸いです。
投稿者 町田 2007/07/08 00:30
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 1月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホビダス[趣味の総合サイト]